Todoist」は、すでに素晴らしいプロジェクト管理やToDoリストのツールですが、新しく発表された「Todoist ボード」によって、カスタマイズ(それにコラボレートも)可能な「かんばんボード」にもなります。

この新機能は、無料ユーザーも含め誰でも使うことができます。

Todoistに追加された新機能とは

Todoist ボードには、カンバン方式のプロジェクト管理に必要な機能がすべて含まれています。

ユーザーは、プロジェクトのワークフローに合わせてカラムやフィルターを追加したり、ボードに他のユーザーを追加するなど、自分のボードをカスタマイズできます。

また、新しいかんばんボードビューとTodoistの従来のリスト表示を、いつでも切り替えることができます。

どのユーザーでもボードビューの主要な機能を使うことができますが、無料ユーザーと有料のプレミアムユーザーとでは追加機能が異なります。

無料版と有料版の違い

無料ユーザーは、「自分の担当」や優先順位など、タスク管理に予め用意されたフィルタしか使えない。

プレミアムユーザーは、毎月338円(年払い)/448円(月払い)で、フィルターを追加で作成したり、ラベルをカスタマイズしてカードに付与したり、ボードのテンプレートを読み込み/書き出しをしたり、タスクをメールで送信したり、“カレンダーフィード”でプロジェクトを見たりすることができる。「Trello」や「Asana」よりもずっと安価。

プレミアムユーザーにとって、きめ細かく管理できるのは素晴らしい特典ですが、TrelloやAsanaに代わるアプリを探しているTodoistの無料ユーザーでも、必要なものはすべて揃っているはずです。

*****ノートPCバッテリー

*****タブレット電池