カテゴリ: ニュース

ただし強敵ファーウェイとの戦いが待っています



アップルにとって中国は世界で2番目に重要な市場であり、そこでの売上の動向は経営を大きく左右する指標ともなります。

そうした中国でのiPhone出荷台数が昨年12月に前年同期比で18.7%も増加しており、前月からも伸びが加速していると報じられています。Bloomberg報道によれば、この数字は中国政府のシンクタンクCAICT(中国情報通信研究院)が発表したAndroidデバイスを含むスマートフォン出荷データに基づくもの。今回の出荷増加は、9月に発売されたiPhone 11シリーズに支えられていると述べられています。

CAICT発表では、中国での12月のスマートフォン全体の出荷台数は3000万台未満であり、前年同期と比べて13.7%も減少したとのこと。競合他社の売上が落ち込んでいるなかで、アップルだけが抜きんでて好調だったことになります。

iPhone 11シリーズは前年モデルよりもバッテリー寿命やカメラ品質が大幅に改善した一方で、開始価格は50ドル下げられています。そうした企業努力が中国の消費者や批評家に好評を博していましたが、それが現実の売上に反映したかたちです。

2019年初めこそ中華圏で苦戦していたiPhoneですが、その後に中国で消費税が引き下げられたほか、アップルも独自に価格調整を行った結果、4月には現地での売上パフォーマンスがはるかによくなったとクックCEO自らが述べていました。そうした下地の上にiPhone 11シリーズの好評が重なり、今回の結果に繋がったと思われます。

出荷量の2ケタもの成長は、今年1月下旬の旧正月、すなわち中国の商戦期である「春節」休暇期間に向けて売上げ好調が予想される好材料といえます。ただし、海外では苦戦しているものの国内で圧倒的なシェアを獲得したファーウェイをはじめ地元メーカーの人気は根強く、なによりアップルは5G対応デバイスを欠いている弱みもあり、今後は伸び悩むのかもしれません。

大画面フォルダブルの可能性を探るプロトタイプ


画面が折りたためる「フォルダブル」は2019年にサムスンやファーウェイからスマホが登場し、市場が拡大しました。この流れは2020年も続きそうです。DellやレノボはフォルダブルタブレットをCES 2020にて展示していますが、文字通り大きくなりつつあるトレンドを反映したのがインテルの「Horseshoe Bend」と呼ばれる17インチタブレットのプロトタイプです。

インテルはこれまでもE-Inkディスプレイ搭載の2in1「Tiger Rapids」など斬新なプロトタイプを提示してきましたが、Horseshoe Bendはこれらと同じ目的で制作されました。すなわちインテルのパートナーとなるメーカーが大画面フォルダブルという形態を理解することです。



インテルの以前のプロトタイプと同様に、Horseshoe Bendそのものは販売用ではありません。この新しいスタイルのデバイスで何ができるのか、そして何をブラッシュアップすれば良いのかを探るのが彼らの目的です。

Horseshoe Bendの最大の課題は、巨大な17インチのディスプレイを壊さずに折りたためる機構をつくり、一日中動かせるようなパワフルなプロセッサーとそれに見合ったバッテリーを格納することでした。プロトタイプではインテルのTiger Lake UP4プロセッサーを搭載していますが、電池持ちがどれほどなのかについては明らかにされていません。

インテルによるデモンストレーションでは、Horseshoe Bendならではのソフトウェアの動作を披露していました。旅行ブログを表示する例では、タブレットを曲げたとき、上の画面では動画を再生しつつ、下の画面はスクロールして読み続けられるようになっていました。

また、Excelのデモでは、セルをタップすると、大きな画面内キーボードが表示されて素早くデータを入力できました(ただし、ソフトウェアキーボードが打ちづらかったことは補足しておきます)。



デモ機の反応は驚くほど軽快で、Windows 10のスタートメニューとデスクトップを飛び回るようにタップしてみても、画面表示はしっかりと付いてきました。

ただし、午前中にずっと充電しながらデモに当たっていたためか、デバイスはほんのり温かみを感じる状態でした。また、2画面デバイスなどに最適化されたWindows 10 Xは現時点ではリリースされていないため、インテルはもっぱら専用のシナリオに沿ったデモを行っていました。

レノボが製品化を発表したThinkPad X1 Foldと比較すると、Horseshoe Bendのプロトタイプは側面につや消しのメタリック塗装で仕上げられているからか、質感としては豪華に感じられます。折りたたみ部分はThinkPad X1 Foldと似たようなヒンジがあり、レザー仕上げの背面も相まって、大きな教科書のようにも見えます。



薄型でベゼルも細く作られていますが、13.3インチのThinkPad X1 Foldと比べると、やはり重たく感じました。インテルはこのデバイスのためにキックスタンドも用意しており、ThinkPad X1 FoldのようなオールインワンPCとしても利用できます。



CES 2020でのハンズオンを通して得られたこのデバイスの詳細な情報は多くはあありませんが、少なくとも折りたたみの大きなタブレットの設計は可能だということと、インテルとそのパートナーとなるメーカーがこれらのデバイスを実用的にする方法を模索しているということは明確です。フォルダブルタブレットがどんどん大きく、薄く、長持ちするよう改良されていく近未来が到来したとしても、驚くことではないでしょう。

12万9800円〜



日本マイクロソフトは、ARMプロセッサを搭載した2 in 1ノートPC「Surface Pro X」の予約受付を日本でも開始しました。発売は1月14日で、価格は税別12万9800円〜です。

「Surface Pro X」は、クアルコム製のモバイルプロセッサ「Microsoft SQ1」を搭載したノートPCです。ARMアーキテクチャを採用しており、省電力性能が高いのが特徴。

また、スマートフォン向け「Snapdragon」シリーズをベースにしたSoCのため、スマートフォン並みのシームレスな常時LTE接続にも対応します。なお、Snapdragonにマイクロソフト独自のAIエンジンを追加するなど、独自カスタマイズも行われています。



ディスプレイは13インチ(2880 x 1920 267ppi 1400:1コントラスト。ベゼルレスデザインを採用し、12インチ級の本体に13インチの画面を詰め込んだとアピールします。本体の厚さは5.3mm、重量早く760gです。

別売りの着脱式キーボード「Surface Pro X Signatureキーボード」利用時には、ペンの収納とペンのワイヤレス充電に対応。液晶ペンタブとしても本機を利用できます。





なお、ARMアーキテクチャを採用するため、動作アプリには制限があります。32bit(x86)アプリはエミュレーションにより動作しますが、64bit(x64)アプリは動作しません。メジャーなアプリでは、32bit版が提供されていない一部のAdobe製品(Lightroomなど)は利用できないため注意が必要です。



なお、一般向けモデルにはWindows 10 Home、Office Home & Business 2019がプリインストールされています。法人向けモデルはWindows 10 Proがプリインストールされています。

販路はマイクロソフト公式ストアや各家電量販店などとなっています。

価格や発売時期は未発表



Samsungは1月3日(現地時間)、新型スマートフォン2機種、Galaxy Note10 LiteとGalaxy S10 Liteを発表しました。名前からわかる通り、ハイエンドモデルであるGalaxy Note10/S10のバリエーションとなりますが、これらの機種が備えるプレミアム機能を手ごろな価格で提供するモデルだとしています。

ディスプレイはいずれも6.7インチ 2400x1080のSuper AMOLEDで、上部中央にパンチホールカメラを搭載します。そのフロントカメラは、両機種とも32MPで共通です。

プロセッサは、Note10 Liteが10nm 64bitで、S10 liteが7nm 64bitとのこと。Note10 Liteのほうが設計が古いことがわかります。これまでNote10 LiteにはNote9やS9に搭載されている一世代古いExynos 9810、S10 LiteはSnapdragon 855を搭載するとされていましたが、その情報とも一致しています。



▲Galaxy S10 Lite

ストレージは128GBでRAMは6GB/8GB。どちらも最大1TBのmicroSDをサポートしています。指紋センサはディスプレイに内蔵で、顔認証にも対応します。

また、Note10 Liteは、Noteシリーズなので当然ですがSペンをサポート。Note9/Note10と同じくBluetooth対応のもので、プレゼンテーションの操作や、写真撮影などに利用可能です。

かなり共通点の多い2機種ですが、大きな違いは背面カメラにあります。どちらもカメラ部が四角い突起になっているのは共通ですが、Note10 Liteは12MP(F2.2)の広角、12MP(F1.7)の超広角、12MP(F2.4)の望遠というトリプル構成。一方のS10 Liteは5MP(F2.4)のマクロ、48MP(F2.0)の広角、12MP(F2.2)の超広角を搭載します。どちらの機種も、上位機種が備える可変絞りは非搭載です。

とくにS10 Liteの48MPメインカメラは、Super Steady OISという新しい手振れ補正機構を備えているとのこと。通常のOISとの違いについては触れられていませんが、アクション重視の写真やビデオの安定性が向上するとしています。

カラーバリエーションはそれぞれ3色で、Note10 LiteがAura Glow、Aura Black、Aura Red。S10 LiteがPrism White、Prism Black、Prism Blueです。

価格や発売時期などはまだ明かされていませんが、おそらくはCES 2020の中で発表があるものと考えられます。これまでの噂ではNote10 Liteが609ユーロ(約7万4000円)、S10 Liteが680ユーロ(約8万3000円)との情報もあります。10万円を超えるオリジナルの上位モデルと比べれば十分に廉価と言えますが、Liteの名称から受けるイメージとは違い、プレミアムモデルの域に留まることになりそうです。



たしかに...。

iPhone 11はカメラがよくはなったけど、これといってスゴイなというものはなかったような。


2019年の業績において、Appleはすばらしく堅調な売れ行きを見せてくれました。新型AirPods、そしてAirPods Proのおかげでだいたい40〜60億ドル(約6500億円)の売り上げが得られたそう。また、2019年のエースはiPhone XRといえます。四半期のすべてにおいてベストセラーに輝いているのですから。売り上げは好調ではあったものの、正直Appleが2019年にリリースした端末のどれもそれほどぱっとするものではなく、面白みに欠けていたことは否めないでしょう。

面白くないからと言ってよくなかったというわけでもありませんので誤解なきよう。2019年はAppleにとって、面白みがなかったからこそよい年になったのかもしれません。でも、ここまでの成り行きを見ると、Appleはマクドナルドのメニューを参考にしているのかな、とぼやきたくなります。マクドナルドでは、どんなものがメニューに載っているのか、みんな知っています。ビッグマックだの、ナゲットだの、もう口に入れる前から味すら分かっていますよね。マクドナルドの人気の秘密は、親しまれているあの味です。いつもの味だから安心できる。Appleはそれをテック界で誰よりもうまく展開しているわけです。その証拠に、Appleが2019年にリリースした新しい端末をひとつずつ見てみましょう。

まず、2019年春にAppleはiPad Mini 5みんなをあっと言わせました。みんなが驚いたのは製品のスペックでも機能性でもなく、やっとこさ出たな、またはなぜこのタイミングでという話題性でした。マンガをiPadで愛読している人とか、モバイルゲームの愛好家なんかは大喜びしましたよね。iPad miniはもう出ないとの予測がうれしくも外れた形になったわけです。いずれにせよ、もっと早く新型を出すべきだったとは思いますが。

Image: Counterpoint
2019年第3四半期のベストセラーたち。iPhone 11をしのぐ売り上げを見せている。

それと同じ月に、Apple はAirPods 2をリリース。AirPods 2は見た目は前モデルとほとんど同じ。違う点といえば、H1プロセッサが Siriとの連携プレーを可能にした点。接続性は向上し、音楽の再生時間も長くなっています。充電ケースはたしかに新しくなりましたが、ケースだけで80ドル(8,800円)はちょっと高すぎかも。AirPowerがぽしゃったことを考えると、AirPodsケースにQi充電がついたのは、さしずめおなぐさみの残念賞といったとこでしょうか。

次に刷新されたMacBook ProとMacBook Air、そして第7世代のiPod Touchが出ました。いずれもまあまあのアップデートがありましたが、これもぱっとせず。悪くないのですがそれほど騒ぎ立てるポイントもないのが正直なところ。

秋には、2つの新型iPhoneとiPad OS(とこれまたつまらない新型iPad)が雪崩れ込み、 新しいApple Watch、2つの新しいサブスクサービスが展開されています。そして、一部の国ではAppleロゴが入ったチタン製クレジットカードが登場しています。Appleの秋の新製品を見ると、共通しているのはこざかしい製品アップデートでしかなく、革新的なものは何もなかったという点です。


Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo US)

iPhone 11に関しては、Appleは超広角カメラのほかカラバリも追加して価格を下げてきました。去年のiPhone XRと比較すると50ドル(5,500円)も安価になっています。たしかにiPhone 11はすばらしい端末です。背面のカメラが3台になったのはいいアップデートでした。しかし、iPhone 11を7万4800円で購入するよりも、去年のモデルであるiPhone XRを6万4800円で購入するほうを選んだ人が多かったということは、人々は値段により敏感になっているということの証です。また iPhone 11の新機能よりも、iOSとAppleのエコシステムのほうがより重要な購買ポイントであったということにもなります。

次に、iPhone 11 Proと11 Pro Maxについて。3つの背面カメラと新しい画像処理ツールDeep Fusionは注目に値するでしょう。以前はHDR+モードやPixelのNight Sight機能(夜間モード)で画像処理ではGoogleが一歩先を行く感じでした。しかし 2019年はAppleが加速を増し、iPhoneが一気に返り咲いた形となりました。 Pixel 4に至っては他の端末と比べカメラの数がひとつ足りないという間違いをおかしていますし。

それはさておき、果たしてiPhone 11 Proは「Pro」と呼べるのかと、わたしはずっと自問してきました。iPad Proのようなリフレッシュレート120HzのPro Motionディスプレイもなし、リバースワイヤレス充電もなし。ケーブルは今だにライトニングのままです。Apple Pencilの対応もないですし。

最新のApple Watchに関しては、今年最大のアップデートは常時オンが可能になったディスプレイでした。第5世代になってついにApple Watchはふつうの時計として使用できるようになりました

Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo US)
AppleのDeep Fusion画像処理はiPhone 11に付加価値をもたらすもの。特に犬の毛などディテールで強い力を発揮。

ラップトップやモニタのような大きめのデバイスにつくようなリフレッシュレートをスマウォにつけたのは、ひとえに創意とエンジニアリングのたまものです。女性の健康に配慮したトラッキング数値やApp Storeも重要なアプデでしたが、これらはwatchOSのアップデートなので旧モデルのApple Watchでも使えます。常時ディスプレイ以外は、Series 5には特に目立ったものはなかったと言えるでしょう。ほんのちょっとだけよくなった程度。

そしてApple ArcadeとApple TV+の登場。急成長を続けるAppleのサービス産業セクターに加えるには、うってつけのサービス。ですが、All MankindのようなApple TV+ シリーズですら『ウォッチメン(HBO)』 や『ウィッチャー(Netflix)』のようなストリーミングメディア番組にはかないませんでした。Apple Arcade は2019年にAppleが打ち出した最高の新サービスであると思う一方、モバイルゲーム業界に与える影響はまだ未知数です。

新型のAirPods Proも大きな人気を獲得しましたが、これはAppleがリリースした製品の中でもいちばん予測しやすかったものと言えます。ノイキャン機能と快適なイヤーチップの追加はうれしいアップグレードです。ですがGoogle、Microsoft、Samsung、Amazonと、ほかのビッグなメーカーが軒並みオーディオ製品を刷新しています。予知能力者でなくともこれらは簡単に予想できたものといえましょう。

Photo: Victoria Song (Gizmodo US)

最後に、新しい16インチのMacBook ProとMac Pro。 MacBook Pro 16のベストな点は、待望の高性能キーボードでしょうか。Escapeキーと以前の形に戻った矢印キーが備わり、タイピングもスムーズ。未来にAppleのラップトップ史を振り返るとしたら、2015年から2019年にかけてはキーボードの暗黒時代と言ってもよく、Appleのバタフライキーボードはすでにその存在すら忘れられているかもしれません。

Mac Proについては、残念ながらこの目で確かめることはできていませんが、どっしりとした存在感でカスタマイズ性が高く、おそろしく高速なデスクトップなのは確実で、これこそ2013年のゴミ箱型Mac Pro 以来、万人が望んでいたデスクトップではないでしょうか。残念ながら、Mac ProとPro Display XDRはスターティングプライスがそれぞれ6,000ドル(約65万円)と5,000ドル(約55万円)と高額で、経費で落とせるような贅沢なエグゼクティブでもない限り、普通の人はなかなか手にすることは難しいのではないかと予想されます。

それぞれ、いずれも小さなアップグレードはぱっとしないものでしたが、すべてを総合してみると大きな進歩かもしれません。Appleは他のメーカーと比較すると安定性を得ているのかなと感じます。長いこと、Appleはテックに詳しくない人たちにすぐれたテクノロジーを提供してきました。押せば動くようなシンプルな端末を作ってきており、2019年はその原則をさらに裏打ちした形です。ひとつだけ例外があるとすれば、それはmacOS Catalina と、32bitアプリのサポート終了。いずれもAppleのラップトップユーザーに頭痛の種を植え付けました。

Photo: Raul Marrero (Gizmodo US)

そして今、わたしたちが共通して感じるのは「あのワクワク感とイノベーションはどこへ行ったのか」ということではないかな、と思うんです。スティーブ・ジョブズと比べるとティム・クックに足りないのはなんといっても創造性です。iPodやiPhone、iMacが生まれたときのあの感動がない。Appleは年に数回イベントを行なっていますが、かつて「未来」をどんどん先取りして魅せてくれたようなあの臨場感やワクワクがなくなり、お話だけに終始している、そんなふうに感じているのはわたし一人ではないはず。

わたしの予想では、たぶん2020年にはもっと変化が訪れるはずです。AppleがAR ヘッドセットを2020年に出すという噂もありますし、2019年は3年と言われるAppleのiPhoneリフレッシュサイクルの最後の年にもなります。2020年は大きな変化の年、メジャーアップデートに当たる年のはずなんです。

そしてAppleは5Gにどう挑むのか? Face IDのノッチはなくなるのか、小さくなるのか。Touch IDは戻ってくるのか、CESではプライバシーについてどのようにふれるのか。それからApple Carは?

2019年はAppleが2020年に備えて製品ラインをいわば「精製して寝かせている年」なのかもしれません。あのiPhoneの華麗な登場を今でも覚えている人たちは、Appleはなにか面白いものをきっと2020年に披露してくれる、そんな期待をみんな抱いているのではないでしょうか。

↑このページのトップヘ