タグ:Amazon



たしかに...。

iPhone 11はカメラがよくはなったけど、これといってスゴイなというものはなかったような。


2019年の業績において、Appleはすばらしく堅調な売れ行きを見せてくれました。新型AirPods、そしてAirPods Proのおかげでだいたい40〜60億ドル(約6500億円)の売り上げが得られたそう。また、2019年のエースはiPhone XRといえます。四半期のすべてにおいてベストセラーに輝いているのですから。売り上げは好調ではあったものの、正直Appleが2019年にリリースした端末のどれもそれほどぱっとするものではなく、面白みに欠けていたことは否めないでしょう。

面白くないからと言ってよくなかったというわけでもありませんので誤解なきよう。2019年はAppleにとって、面白みがなかったからこそよい年になったのかもしれません。でも、ここまでの成り行きを見ると、Appleはマクドナルドのメニューを参考にしているのかな、とぼやきたくなります。マクドナルドでは、どんなものがメニューに載っているのか、みんな知っています。ビッグマックだの、ナゲットだの、もう口に入れる前から味すら分かっていますよね。マクドナルドの人気の秘密は、親しまれているあの味です。いつもの味だから安心できる。Appleはそれをテック界で誰よりもうまく展開しているわけです。その証拠に、Appleが2019年にリリースした新しい端末をひとつずつ見てみましょう。

まず、2019年春にAppleはiPad Mini 5みんなをあっと言わせました。みんなが驚いたのは製品のスペックでも機能性でもなく、やっとこさ出たな、またはなぜこのタイミングでという話題性でした。マンガをiPadで愛読している人とか、モバイルゲームの愛好家なんかは大喜びしましたよね。iPad miniはもう出ないとの予測がうれしくも外れた形になったわけです。いずれにせよ、もっと早く新型を出すべきだったとは思いますが。

Image: Counterpoint
2019年第3四半期のベストセラーたち。iPhone 11をしのぐ売り上げを見せている。

それと同じ月に、Apple はAirPods 2をリリース。AirPods 2は見た目は前モデルとほとんど同じ。違う点といえば、H1プロセッサが Siriとの連携プレーを可能にした点。接続性は向上し、音楽の再生時間も長くなっています。充電ケースはたしかに新しくなりましたが、ケースだけで80ドル(8,800円)はちょっと高すぎかも。AirPowerがぽしゃったことを考えると、AirPodsケースにQi充電がついたのは、さしずめおなぐさみの残念賞といったとこでしょうか。

次に刷新されたMacBook ProとMacBook Air、そして第7世代のiPod Touchが出ました。いずれもまあまあのアップデートがありましたが、これもぱっとせず。悪くないのですがそれほど騒ぎ立てるポイントもないのが正直なところ。

秋には、2つの新型iPhoneとiPad OS(とこれまたつまらない新型iPad)が雪崩れ込み、 新しいApple Watch、2つの新しいサブスクサービスが展開されています。そして、一部の国ではAppleロゴが入ったチタン製クレジットカードが登場しています。Appleの秋の新製品を見ると、共通しているのはこざかしい製品アップデートでしかなく、革新的なものは何もなかったという点です。


Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo US)

iPhone 11に関しては、Appleは超広角カメラのほかカラバリも追加して価格を下げてきました。去年のiPhone XRと比較すると50ドル(5,500円)も安価になっています。たしかにiPhone 11はすばらしい端末です。背面のカメラが3台になったのはいいアップデートでした。しかし、iPhone 11を7万4800円で購入するよりも、去年のモデルであるiPhone XRを6万4800円で購入するほうを選んだ人が多かったということは、人々は値段により敏感になっているということの証です。また iPhone 11の新機能よりも、iOSとAppleのエコシステムのほうがより重要な購買ポイントであったということにもなります。

次に、iPhone 11 Proと11 Pro Maxについて。3つの背面カメラと新しい画像処理ツールDeep Fusionは注目に値するでしょう。以前はHDR+モードやPixelのNight Sight機能(夜間モード)で画像処理ではGoogleが一歩先を行く感じでした。しかし 2019年はAppleが加速を増し、iPhoneが一気に返り咲いた形となりました。 Pixel 4に至っては他の端末と比べカメラの数がひとつ足りないという間違いをおかしていますし。

それはさておき、果たしてiPhone 11 Proは「Pro」と呼べるのかと、わたしはずっと自問してきました。iPad Proのようなリフレッシュレート120HzのPro Motionディスプレイもなし、リバースワイヤレス充電もなし。ケーブルは今だにライトニングのままです。Apple Pencilの対応もないですし。

最新のApple Watchに関しては、今年最大のアップデートは常時オンが可能になったディスプレイでした。第5世代になってついにApple Watchはふつうの時計として使用できるようになりました

Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo US)
AppleのDeep Fusion画像処理はiPhone 11に付加価値をもたらすもの。特に犬の毛などディテールで強い力を発揮。

ラップトップやモニタのような大きめのデバイスにつくようなリフレッシュレートをスマウォにつけたのは、ひとえに創意とエンジニアリングのたまものです。女性の健康に配慮したトラッキング数値やApp Storeも重要なアプデでしたが、これらはwatchOSのアップデートなので旧モデルのApple Watchでも使えます。常時ディスプレイ以外は、Series 5には特に目立ったものはなかったと言えるでしょう。ほんのちょっとだけよくなった程度。

そしてApple ArcadeとApple TV+の登場。急成長を続けるAppleのサービス産業セクターに加えるには、うってつけのサービス。ですが、All MankindのようなApple TV+ シリーズですら『ウォッチメン(HBO)』 や『ウィッチャー(Netflix)』のようなストリーミングメディア番組にはかないませんでした。Apple Arcade は2019年にAppleが打ち出した最高の新サービスであると思う一方、モバイルゲーム業界に与える影響はまだ未知数です。

新型のAirPods Proも大きな人気を獲得しましたが、これはAppleがリリースした製品の中でもいちばん予測しやすかったものと言えます。ノイキャン機能と快適なイヤーチップの追加はうれしいアップグレードです。ですがGoogle、Microsoft、Samsung、Amazonと、ほかのビッグなメーカーが軒並みオーディオ製品を刷新しています。予知能力者でなくともこれらは簡単に予想できたものといえましょう。

Photo: Victoria Song (Gizmodo US)

最後に、新しい16インチのMacBook ProとMac Pro。 MacBook Pro 16のベストな点は、待望の高性能キーボードでしょうか。Escapeキーと以前の形に戻った矢印キーが備わり、タイピングもスムーズ。未来にAppleのラップトップ史を振り返るとしたら、2015年から2019年にかけてはキーボードの暗黒時代と言ってもよく、Appleのバタフライキーボードはすでにその存在すら忘れられているかもしれません。

Mac Proについては、残念ながらこの目で確かめることはできていませんが、どっしりとした存在感でカスタマイズ性が高く、おそろしく高速なデスクトップなのは確実で、これこそ2013年のゴミ箱型Mac Pro 以来、万人が望んでいたデスクトップではないでしょうか。残念ながら、Mac ProとPro Display XDRはスターティングプライスがそれぞれ6,000ドル(約65万円)と5,000ドル(約55万円)と高額で、経費で落とせるような贅沢なエグゼクティブでもない限り、普通の人はなかなか手にすることは難しいのではないかと予想されます。

それぞれ、いずれも小さなアップグレードはぱっとしないものでしたが、すべてを総合してみると大きな進歩かもしれません。Appleは他のメーカーと比較すると安定性を得ているのかなと感じます。長いこと、Appleはテックに詳しくない人たちにすぐれたテクノロジーを提供してきました。押せば動くようなシンプルな端末を作ってきており、2019年はその原則をさらに裏打ちした形です。ひとつだけ例外があるとすれば、それはmacOS Catalina と、32bitアプリのサポート終了。いずれもAppleのラップトップユーザーに頭痛の種を植え付けました。

Photo: Raul Marrero (Gizmodo US)

そして今、わたしたちが共通して感じるのは「あのワクワク感とイノベーションはどこへ行ったのか」ということではないかな、と思うんです。スティーブ・ジョブズと比べるとティム・クックに足りないのはなんといっても創造性です。iPodやiPhone、iMacが生まれたときのあの感動がない。Appleは年に数回イベントを行なっていますが、かつて「未来」をどんどん先取りして魅せてくれたようなあの臨場感やワクワクがなくなり、お話だけに終始している、そんなふうに感じているのはわたし一人ではないはず。

わたしの予想では、たぶん2020年にはもっと変化が訪れるはずです。AppleがAR ヘッドセットを2020年に出すという噂もありますし、2019年は3年と言われるAppleのiPhoneリフレッシュサイクルの最後の年にもなります。2020年は大きな変化の年、メジャーアップデートに当たる年のはずなんです。

そしてAppleは5Gにどう挑むのか? Face IDのノッチはなくなるのか、小さくなるのか。Touch IDは戻ってくるのか、CESではプライバシーについてどのようにふれるのか。それからApple Carは?

2019年はAppleが2020年に備えて製品ラインをいわば「精製して寝かせている年」なのかもしれません。あのiPhoneの華麗な登場を今でも覚えている人たちは、Appleはなにか面白いものをきっと2020年に披露してくれる、そんな期待をみんな抱いているのではないでしょうか。

【Amazon 2955C7 電池:全国送料無料】 Amazon 2955C7 6300mAh/23.94Wh 交換用バッテリーAmazon Kindle Fire HD 10.1 7th Gen SL056ZE 対応タブレットのバッテリー. 大容量Amazon 2955C7 互換リチャージャブルバッテリー『速い配達』。

2955C7

产品规格:

  • 充電池種類 :Li-ion
  • のブランド :Amazon
  • 電圧 :3.8V
  • 容量 :6300mAh/23.94Wh

100%互換性があります,このバッテリーは、電気安全法(PSE法)に適合し経済産業省の許可を得てPSEマークを修得しています。

今特別提供の割引、新発売、高容量、高品質Amazon Kindle Fire HD 10.1 7th Gen SL056ZEバッテリー電池、1年保証、ご安心購入!

互換性のある部品番号:

2955C7

58-000187

対応機種 :

Amazon Kindle Fire HD 10.1 7th Gen SL056ZE

以下の方法はあなたにどのように大容量 Amazon 2955C7 バッテリーの寿命を長持ちさせるを教えていただきます :

高品質Amazon 2955C7 バッテリーはほぼ100%に近い満充電状態に常時保持されたり、細かい充電と放電が頻繁に行われるのは苦手です.

Amazon 2955C7 のバッテリーを長期間使用せず保管するには、充電残量が 20 ~ 30 %前後の状態でバッテリーを取り外し、涼しい場所に保管してください。 また、3~6ヶ月に一回程度は、100%近くまでの充電を行い、その後再度20~30%まで使用してから、再度保管するようにしてください 充電開始0%、充電停止100%を適切に設定し、Amazon 2955C7 バッテリー 常時100%に保持されたり、細かい充電と放電が不要に繰り返されないようにすることをお勧めします.

高機能Amazon 2955C7 バッテリー は保管されている間にも自然放電や劣化が発生します. できる限り高温を避ける ,ノートパソコンのバッテリーは温度によって劣化速度が大きく変わります。 (高温ほど早く劣化する) ノートパソコンはただでさえ冷却機能が弱いので、ACアダプタで常に充電を行いつつ、しかも長時間パソコンを起動しているとものすごい早さでバッテリーが劣化していきます。

売れ筋ランキング

重くならなければいいけど

dims.jpg

2019年4月、AmazonがAlexaを搭載したワイヤレスイヤホンを、2019年後半に発売するとの噂が報じられていましたが、そのイヤホンはフィットネストラッカーとしても利用できるようです。
Alexa搭載イヤホンは、Pugetというコードネームで加速度計が組み込まれており、距離や速さ、消費カロリーなどを計測できるとCNBCが報じています。

フィットネストラッカー機能を組み込んだワイヤレスイヤホンは、これが初めてというわけではなく、例えばSamsungのGear IconXもフィットネストラッカー機能を持っていました。これにはランニングのペースなどを音声で知らせる機能もありましたが、Amazonのイヤホンにも、同様の機能があるものと予想できます。
ワイヤレスイヤホンの出荷台数では、AirPodsが世界シェアの5割超を占めており、Apple Watch同様に独り勝ちの状態になっていますが、Alexaと統合され、フィットネス機能もあり、Amazonらしい手頃なら価格で登場するのであれば、強力なライバルになりそうです。

なお、Amazonは9月25日(現地時間)にハードウェア発表イベントを予定していますが、ここでAlexa搭載イヤホンが発表されるかはわかりません。タイミング的には発表があってもおかしくはありませんが、今年後半に単独で発表の可能性もあります。

Amazonでもセールを展開


dims (1)

Spigenは6月14日、「Xperia 1」用のアクセサリを発売しました。画像左は米軍軍事規格を取得したケース「ラギッドアーマー」。落下時の衝撃を効率よく吸収するデザインになっており、よくスマホを落としてしまうといった人におすすめです。価格は1990円(税込)。

画像右はクリアケース「リキッドクリスタル」。柔軟なTPU素材を採用しており、衝撃吸収性が高くと付け外しやすさが特徴です。価格は1990円(税込)。

日本での発売を記念して、Amazonで6月30まで対応ケースを30%オフで販売します。また、ケースと対象のUSB Type-Cケーブルを一緒に購入すると300円オフ、対象の液晶保護コーティング剤を一緒に購入すると10%オフになる「あわせ買いキャンペーン」も開催中です。

■Spigen製品サイト
https://www.spigen.co.jp/fs/spigen/c/xperia1

Snapdragon 675のハイミドル端末に


dims

Motorolaの未発表端末、moto Z4の開封・レビュー動画がYouTubeで公開されています。未発表端末のレビュー動画公開はままあることですが、今回珍しいのは、これが正規に販売された端末だということです。

実は先日、米Amazonがmoto Z4をフライングで掲載し購入可能な状態となっていました。こういった場合、購入手続きをしてもキャンセルされるのが普通なのですが、なぜか普通に発送されてしまいました。

そのような理由で一足早く入手したRedditユーザーのJETFIRE007氏が、YouTubeに動画を公開したわけです。




ディスプレイは6.4インチ 2340 x 1080のOLEDで、RAM 4GB、ストレージ128GB。バッテリー容量は3600mAh。指紋センサはディスプレイ内蔵となり、3.5mmジャックも搭載されています。

前モデルのmoto Z3はSnapdraogn 835搭載のハイエンドモデルですが、moto Z4ではSnapdragon 675とハイミドル仕様になっています。

背面カメラは48MPのシングル仕様。4つのピクセルを束ねて高品位な画像を得る「Quad Pixel」に対応しており、出力画像は12MPになります。水滴型ノッチに搭載されるフロントカメラは25MP。

moto Zシリーズなので、拡張ユニットのmoto modにも対応します。なお、Amazon購入分には360度カメラのmoto modが付属していました。このほか、Amazon ShoppingやAmazon Music、そしてAlexaなどAmazonアプリがプリインストールされています。Amazonでの価格は499.99ドル。

Amazonの倉庫に端末があるぐらいなので、もう間もなく正式発表されるものと考えられます。

↑このページのトップヘ