タグ:Apple

【Apple A1965 電池:全国送料無料】 Apple A1965 4379mAh/49.9wh 交換用バッテリーApple Macbook Air 13 A1932 2018 2019 Retina New 対応. 大容量Apple A1965 互換リチャージャブルバッテリー『速い配達』。

A1965

产品规格:

  • 充電池種類 :Li-ion
  • のブランド :Apple
  • 電圧 :11.4V/13.05V
  • 容量 :4379mAh/49.9wh

100%互換性があります,このバッテリーは、電気安全法(PSE法)に適合し経済産業省の許可を得てPSEマークを修得しています。

今特別提供の割引、新発売、高容量、高品質Apple Macbook Air 13 A1932 2018 2019 Retina Newバッテリー電池、1年保証、ご安心購入!

互換性のある部品番号:

A1965

020-02455

対応機種 :

Macbook Air 13 A1932 2018 2019 year Retina New

以下の方法はあなたにどのように大容量 Apple A1965 バッテリーの寿命を長持ちさせるを教えていただきます :

高品質Apple A1965 バッテリーはほぼ100%に近い満充電状態に常時保持されたり、細かい充電と放電が頻繁に行われるのは苦手です.

Apple A1965 のバッテリーを長期間使用せず保管するには、充電残量が 20 ~ 30 %前後の状態でバッテリーを取り外し、涼しい場所に保管してください。 また、3~6ヶ月に一回程度は、100%近くまでの充電を行い、その後再度20~30%まで使用してから、再度保管するようにしてください 充電開始0%、充電停止100%を適切に設定し、Apple A1965 バッテリー 常時100%に保持されたり、細かい充電と放電が不要に繰り返されないようにすることをお勧めします.

高機能Apple A1965 バッテリー は保管されている間にも自然放電や劣化が発生します. できる限り高温を避ける ,ノートパソコンのバッテリーは温度によって劣化速度が大きく変わります。 (高温ほど早く劣化する) ノートパソコンはただでさえ冷却機能が弱いので、ACアダプタで常に充電を行いつつ、しかも長時間パソコンを起動しているとものすごい早さでバッテリーが劣化していきます。

売れ筋ランキング



たしかに...。

iPhone 11はカメラがよくはなったけど、これといってスゴイなというものはなかったような。


2019年の業績において、Appleはすばらしく堅調な売れ行きを見せてくれました。新型AirPods、そしてAirPods Proのおかげでだいたい40〜60億ドル(約6500億円)の売り上げが得られたそう。また、2019年のエースはiPhone XRといえます。四半期のすべてにおいてベストセラーに輝いているのですから。売り上げは好調ではあったものの、正直Appleが2019年にリリースした端末のどれもそれほどぱっとするものではなく、面白みに欠けていたことは否めないでしょう。

面白くないからと言ってよくなかったというわけでもありませんので誤解なきよう。2019年はAppleにとって、面白みがなかったからこそよい年になったのかもしれません。でも、ここまでの成り行きを見ると、Appleはマクドナルドのメニューを参考にしているのかな、とぼやきたくなります。マクドナルドでは、どんなものがメニューに載っているのか、みんな知っています。ビッグマックだの、ナゲットだの、もう口に入れる前から味すら分かっていますよね。マクドナルドの人気の秘密は、親しまれているあの味です。いつもの味だから安心できる。Appleはそれをテック界で誰よりもうまく展開しているわけです。その証拠に、Appleが2019年にリリースした新しい端末をひとつずつ見てみましょう。

まず、2019年春にAppleはiPad Mini 5みんなをあっと言わせました。みんなが驚いたのは製品のスペックでも機能性でもなく、やっとこさ出たな、またはなぜこのタイミングでという話題性でした。マンガをiPadで愛読している人とか、モバイルゲームの愛好家なんかは大喜びしましたよね。iPad miniはもう出ないとの予測がうれしくも外れた形になったわけです。いずれにせよ、もっと早く新型を出すべきだったとは思いますが。

Image: Counterpoint
2019年第3四半期のベストセラーたち。iPhone 11をしのぐ売り上げを見せている。

それと同じ月に、Apple はAirPods 2をリリース。AirPods 2は見た目は前モデルとほとんど同じ。違う点といえば、H1プロセッサが Siriとの連携プレーを可能にした点。接続性は向上し、音楽の再生時間も長くなっています。充電ケースはたしかに新しくなりましたが、ケースだけで80ドル(8,800円)はちょっと高すぎかも。AirPowerがぽしゃったことを考えると、AirPodsケースにQi充電がついたのは、さしずめおなぐさみの残念賞といったとこでしょうか。

次に刷新されたMacBook ProとMacBook Air、そして第7世代のiPod Touchが出ました。いずれもまあまあのアップデートがありましたが、これもぱっとせず。悪くないのですがそれほど騒ぎ立てるポイントもないのが正直なところ。

秋には、2つの新型iPhoneとiPad OS(とこれまたつまらない新型iPad)が雪崩れ込み、 新しいApple Watch、2つの新しいサブスクサービスが展開されています。そして、一部の国ではAppleロゴが入ったチタン製クレジットカードが登場しています。Appleの秋の新製品を見ると、共通しているのはこざかしい製品アップデートでしかなく、革新的なものは何もなかったという点です。


Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo US)

iPhone 11に関しては、Appleは超広角カメラのほかカラバリも追加して価格を下げてきました。去年のiPhone XRと比較すると50ドル(5,500円)も安価になっています。たしかにiPhone 11はすばらしい端末です。背面のカメラが3台になったのはいいアップデートでした。しかし、iPhone 11を7万4800円で購入するよりも、去年のモデルであるiPhone XRを6万4800円で購入するほうを選んだ人が多かったということは、人々は値段により敏感になっているということの証です。また iPhone 11の新機能よりも、iOSとAppleのエコシステムのほうがより重要な購買ポイントであったということにもなります。

次に、iPhone 11 Proと11 Pro Maxについて。3つの背面カメラと新しい画像処理ツールDeep Fusionは注目に値するでしょう。以前はHDR+モードやPixelのNight Sight機能(夜間モード)で画像処理ではGoogleが一歩先を行く感じでした。しかし 2019年はAppleが加速を増し、iPhoneが一気に返り咲いた形となりました。 Pixel 4に至っては他の端末と比べカメラの数がひとつ足りないという間違いをおかしていますし。

それはさておき、果たしてiPhone 11 Proは「Pro」と呼べるのかと、わたしはずっと自問してきました。iPad Proのようなリフレッシュレート120HzのPro Motionディスプレイもなし、リバースワイヤレス充電もなし。ケーブルは今だにライトニングのままです。Apple Pencilの対応もないですし。

最新のApple Watchに関しては、今年最大のアップデートは常時オンが可能になったディスプレイでした。第5世代になってついにApple Watchはふつうの時計として使用できるようになりました

Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo US)
AppleのDeep Fusion画像処理はiPhone 11に付加価値をもたらすもの。特に犬の毛などディテールで強い力を発揮。

ラップトップやモニタのような大きめのデバイスにつくようなリフレッシュレートをスマウォにつけたのは、ひとえに創意とエンジニアリングのたまものです。女性の健康に配慮したトラッキング数値やApp Storeも重要なアプデでしたが、これらはwatchOSのアップデートなので旧モデルのApple Watchでも使えます。常時ディスプレイ以外は、Series 5には特に目立ったものはなかったと言えるでしょう。ほんのちょっとだけよくなった程度。

そしてApple ArcadeとApple TV+の登場。急成長を続けるAppleのサービス産業セクターに加えるには、うってつけのサービス。ですが、All MankindのようなApple TV+ シリーズですら『ウォッチメン(HBO)』 や『ウィッチャー(Netflix)』のようなストリーミングメディア番組にはかないませんでした。Apple Arcade は2019年にAppleが打ち出した最高の新サービスであると思う一方、モバイルゲーム業界に与える影響はまだ未知数です。

新型のAirPods Proも大きな人気を獲得しましたが、これはAppleがリリースした製品の中でもいちばん予測しやすかったものと言えます。ノイキャン機能と快適なイヤーチップの追加はうれしいアップグレードです。ですがGoogle、Microsoft、Samsung、Amazonと、ほかのビッグなメーカーが軒並みオーディオ製品を刷新しています。予知能力者でなくともこれらは簡単に予想できたものといえましょう。

Photo: Victoria Song (Gizmodo US)

最後に、新しい16インチのMacBook ProとMac Pro。 MacBook Pro 16のベストな点は、待望の高性能キーボードでしょうか。Escapeキーと以前の形に戻った矢印キーが備わり、タイピングもスムーズ。未来にAppleのラップトップ史を振り返るとしたら、2015年から2019年にかけてはキーボードの暗黒時代と言ってもよく、Appleのバタフライキーボードはすでにその存在すら忘れられているかもしれません。

Mac Proについては、残念ながらこの目で確かめることはできていませんが、どっしりとした存在感でカスタマイズ性が高く、おそろしく高速なデスクトップなのは確実で、これこそ2013年のゴミ箱型Mac Pro 以来、万人が望んでいたデスクトップではないでしょうか。残念ながら、Mac ProとPro Display XDRはスターティングプライスがそれぞれ6,000ドル(約65万円)と5,000ドル(約55万円)と高額で、経費で落とせるような贅沢なエグゼクティブでもない限り、普通の人はなかなか手にすることは難しいのではないかと予想されます。

それぞれ、いずれも小さなアップグレードはぱっとしないものでしたが、すべてを総合してみると大きな進歩かもしれません。Appleは他のメーカーと比較すると安定性を得ているのかなと感じます。長いこと、Appleはテックに詳しくない人たちにすぐれたテクノロジーを提供してきました。押せば動くようなシンプルな端末を作ってきており、2019年はその原則をさらに裏打ちした形です。ひとつだけ例外があるとすれば、それはmacOS Catalina と、32bitアプリのサポート終了。いずれもAppleのラップトップユーザーに頭痛の種を植え付けました。

Photo: Raul Marrero (Gizmodo US)

そして今、わたしたちが共通して感じるのは「あのワクワク感とイノベーションはどこへ行ったのか」ということではないかな、と思うんです。スティーブ・ジョブズと比べるとティム・クックに足りないのはなんといっても創造性です。iPodやiPhone、iMacが生まれたときのあの感動がない。Appleは年に数回イベントを行なっていますが、かつて「未来」をどんどん先取りして魅せてくれたようなあの臨場感やワクワクがなくなり、お話だけに終始している、そんなふうに感じているのはわたし一人ではないはず。

わたしの予想では、たぶん2020年にはもっと変化が訪れるはずです。AppleがAR ヘッドセットを2020年に出すという噂もありますし、2019年は3年と言われるAppleのiPhoneリフレッシュサイクルの最後の年にもなります。2020年は大きな変化の年、メジャーアップデートに当たる年のはずなんです。

そしてAppleは5Gにどう挑むのか? Face IDのノッチはなくなるのか、小さくなるのか。Touch IDは戻ってくるのか、CESではプライバシーについてどのようにふれるのか。それからApple Carは?

2019年はAppleが2020年に備えて製品ラインをいわば「精製して寝かせている年」なのかもしれません。あのiPhoneの華麗な登場を今でも覚えている人たちは、Appleはなにか面白いものをきっと2020年に披露してくれる、そんな期待をみんな抱いているのではないでしょうか。



ちょっと待って、機能増えてますやん!

今日Apple(アップル)からiPhone 11シリーズに対応した新しいバッテリー内蔵の純正ケース「Smart Battery Case」が発表されました。そう、ただでさえ、バッテリー持ちが良くなって十分に1日持ってくれるiPhone 11シリーズで、さらにバッテリー駆動時間が50%伸ばせるのです。

「寒くなりましたが元気ですか? もし足りなくなると困るでしょう。バッテリー追加しておくので使ってください。」

といった親心のような愛を感じます。ありがてぇ…ありがてぇ…(個人的にはiPhone 11シリーズのバッテリーに関して、1ミリも不安・不満がないんですけどね)。


ロック中でもカメラを起動! カメラボタンが追加



でも、今回のSmart Battery Case、ただバッテリー容量が増えるだけじゃなかった。Qiでワイヤレス充電できる便利な機能はそのままに、新しく「カメラボタン」が追加されているのです。下の方にあるポチがたぶんそれ。

カメラボタンでは、iPhoneがロックされていても、瞬時にロック解除してカメラを起動することができます。長押しすれば動画も撮れるそうな。

しかしバッテリーが増えた話よりも、ハードウェア的な機能拡張が起こっている事実にビックリですよ。ただのバッテリーケースなだけなら、ふぅん…だったのに、こう追加機能出されると、どんな挙動? どのくらいのレスポンス? 気になっちゃうのが困りすぎる。

そんな僕らを嬉しく悩ませる、Smart Battery Caseの外装はシリコン。柔らかいマイクロファイバーの裏地がiPhoneを守ります。カラーはiPhone 11用がソフトホワイトとブラック。iPhone 11 Pro(Max)用では、さらにピンクサンドも選べます。

価格はそれぞれ1万4800円、Apple Storeや一部のキャリアで購入できます。

重ねて言いますが、僕のiPhone 11 Pro Maxはバッテリーの持ちに関しては、1ミリも不満はない。だけど、このボタンが試したい

iPadOSもまもなく配信開始



アップルがiPhone向けの最新システムソフトウェアiOS 13の配信を開始しました。

届いていれば通知から、あるいは「設定-一般 - ソフトウェア・アップデート」から確認して手動でアップデートできます。
主な更新点は、まずパフォーマンスの向上。通常OSのアップデートでは旧機種の動作が重くなりがちですが、前バージョンiOS 12でもOS全般の最適化解によってアプリやカメラの起動などが高速になると謳われていました。

iOS 13では、iOS 12よりもさらに高速化。たとえばFace IDのロック解除も最大30%速くなり、アプリの起動もこれまでより最大2倍速くなるとのこと。さらにアプリのダウンロードサイズもより小さくなり、インストールも速やかに捗りそうです。

さらにダークモードに対応して目に優しくなり、iPhone XSなど有機ELディスプレイ搭載機種ではバッテリー駆動時間の伸びも多少の期待が持てます。ほか、「Sign in with Apple」などによるプライバシーおよびセキュリティ保護の強化、臨場感あふれる3D体験ができる新「マップ」、Siriの強化やAirPodsを使ったオーディオ共有、リマインダーアプリも一新されて便利になり、写真とカメラも大幅に強化等々。

また、ゲーム定額サービスApple ArcadeもApp Storeに追加され、1ヶ月の無料お試し期間あり+月額600円で100タイトル以上のゲームが楽しめるようになります。

iOS 13の対応デバイスはiPhone 6s/iPhone SE以降およびiPod touch(第7世代)。iPad向けシステムソフトウェアはiPadOSとして別枠となり、30日に配信予定です。

各機能の詳細については、こちらをご参照下さい。

iOS 13はパフォーマンスが大幅向上。Face IDは30%、アプリ起動は2倍にスピードアップ #WWDC19

iOS 13ダークモード発表。アプリ、絵文字、キーボードも漆黒表示 #WWDC19

アップル、Sign In with Apple義務化 サードログイン導入全アプリに

iOS 13の新「マップ」は「googleストリートビュー」みたいな機能を搭載 #WWDC19

iOS 13はBluetoothオーディオ共有に対応。新着メッセージ読み上げに声で返信も #WWDC19

iOS 13ではダークモード実装、リマインダーも大幅に強化?画面イメージがリーク

Apple Arcade「600円ポッキリ 追加課金なし」で日本のゲーマーは満足できるか

公式の更新リストは以下の通りです。

iOS 13では、ダークモードによるiPhone上のドラマチックな新しい外観、写真の新しいブラウズおよび編集方法、1回のタップでAppやWebサイトにサインインできる新しいプライベートなサインイン方法が加わります。iOS 13ではシステム全体が最適化されて処理速度と応答性が向上したことにより、Appの起動が改善し、Appのダウンロードサイズが縮小し、Face IDがさらに高速になります。

このアップデートによって次の新機能が追加され、機能改善が行われます:

ダークモード

  • 特に低照度の環境においてすばらしい視聴体験をもたらす、新たな美しいダークカラースキーム
  • 日の入や特定の時刻に自動でオンになるようにスケジュールすることも、コントロールセンターからオンにすることも可能
  • 外観がライトモードとダークモードによって自動的に切り替わる、4つの新しいシステムの壁紙

カメラおよび写真

  • 新しい"写真"タブで写真と動画を簡単に見つけて振り返り、共有することができるキュレーション済みのライブラリの表示
  • 簡単に写真を編集および調整し、一目で確認できる、新しいパワフルな写真編集ツール
  • "回転"、"切り取り"、"自動補正"など、30を超える新しいツールによるビデオ編集機能
  • iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxではポートレート照明の強さの増減が可能
  • iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxで白い背景のモノクロポートレートを撮影できる新しいポートレート照明効果"ハイキー照明(モノ)"

Appleでサインイン

  • すでにお持ちのApple IDでAppやWebサイトにプライベートな方法でサインインして参加可能
  • 名前とメールアドレスのみを使用する、シンプルなアカウント設定
  • 固有のメールアドレスを共有してあなたにも自動的に転送される"メールを非公開"
  • アカウントを保護する内蔵2ファクタ認証
  • お気に入りのApp使用時のAppleによるトラッキングやプロファイリングなし

App StoreとArcade

  • サブスクリプションに1度登録するだけで、画期的な新しいゲームを広告や追加購入なしで好きなだけプレイが可能
  • App Storeの新しい"Arcade"タブで、最新のゲームやパーソナライズされたおすすめ、さらに特別なエディトリアルコンテンツをブラウズ
  • iPhone、iPod touch、iPad、Mac、Apple TVでプレイが可能
  • モバイルデータ通信接続を使用して、サイズの大きなAppのダウンロードが可能
  • アカウントページから利用可能なAppのアップデートの表示やAppの削除が可能
  • アラビア語とヘブライ語のサポート

マップ

  • 米国向けに新しいマップを公開。より広範囲の道路がカバーされ、住所の精度が向上し、歩行者向けのサポートが強化され、詳細を表示できる地域が増加
  • "Look Around"を使うと高解像度のインタラクティブな3D体験で街中の探索が可能
  • お気に入りの場所のリストをコレクションにして友達や家族と簡単に共有可能
  • 毎日アクセスする場所にすばやく簡単にナビゲーションできる"よく使う項目"
  • リアルタイムの交通情報、リアルタイムのフライト状況のアップデート、より自然なターンバイターンの音声経路案内

リマインダー

  • まったく新しいデザインで、よりパワフルかつインテリジェントな方法でリマインダーを作成/整理
  • 日付、場所、フラグ、添付ファイルなどをリマインダーに追加できるクイックツールバー
  • "今日"、"日時設定あり"、"フラグ付き"、"すべて"を使用して今後のリマインダーを簡単に確認できる新しいスマートリスト
  • サブタスクとグループ化されたリストでリマインダーを整理

Siri

  • Apple Podcast、Safari、マップでパーソナライズされたSiriからの提案に対応
  • 100,000を超える世界中のライブラジオステーションをSiriから再生可能
  • "ショートカット" Appが内蔵Appに

ミー文字とメッセージ

  • 新しいヘアスタイル、帽子、メイク、ピアスなどの新しいミー文字カスタマイズオプション
  • ミー文字がステッカーパックになって"メッセージ"、"メール"、他社製のAppおよびすべてのiPhoneモデルで使用可能
  • あなたの名前や写真、さらにミー文字も、オプションで友達との共有が可能
  • インテリジェントな提案と結果のカテゴリ化により、メッセージを簡単に見つけるための検索機能が強化

CarPlay

  • CarPlay Dashboardを刷新。音楽、経路、スマートなSiriからの提案を1つの画面に表示
  • "カレンダー" Appを刷新。1日の予定の表示、ミーティングの場所までの移動、電話でミーティングに参加、およびミーティングの主催者への連絡のオプションを追加
  • Apple "マップ"のデザインを一新。"よく使う項目"、"コレクション"および"ジャンクション表示"(中国のみ)を追加
  • Apple Musicのアルバムアートが表示され、お気に入りの曲を簡単に検索可能
  • CarPlayで"運転中の通知を停止"が利用可能

拡張現実

  • iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxで、Appのピープルオクルージョンで仮想オブジェクトを人物の前または背後に自然に配置
  • iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxでは、Appのモーションキャプチャで体位や人物の動きを把握。キャラクターの移動や仮想オブジェクトの操作が可能
  • iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxで、同時に最大3人の顔を認識して友達と楽しむことができる、ARコンテンツ向け複数顔認識
  • 同時に複数のARオブジェクトを表示して操作できるARクイックルック

メール

  • 送信者を受信拒否して、受信拒否した送信者からのメールメッセージをすべて直接ゴミ箱に移動
  • スレッドをミュートして、メールが非常に多いスレッドからの通知を停止
  • リッチテキストフォーマットツールやあらゆる種類の添付ファイルに簡単にアクセスできるフォーマットバー
  • すべてのシステムフォントとApp Storeからダウンロードした新しいフォントをサポート

メモ

  • メモをサムネールとして表示して必要なメモを見つけやすくするギャラリー表示
  • ほかの人にメモのフォルダ全体へのアクセスを許可して共同制作するための共有フォルダ
  • メモ内のイメージおよびスキャンした項目内のテキストのビジュアル認識を行う、よりパワフルな検索
  • チェックリスト項目の簡単な並べ替えやインデントを行うことができる、またはチェック済みの項目を自動的にリストの下部に移動することができる新しいチェックリストオプション

Safari

  • スタートページをアップデート。お気に入り、よく閲覧するサイト、最後に閲覧したWebサイト、Siriからの提案を表示
  • テキストサイズのコントロール、リーダー表示、サイトごとの設定にすばやくアクセスできる、スマート検索フィールドの表示オプション
  • 個々のWebサイトに対してリーダー表示を選択したり、コンテンツブロッカー、カメラ、マイク、位置情報へのアクセスを有効にしたりできるサイトごとの設定
  • ダウンロードマネージャ

QuickPath

  • キーボードでなぞり入力を使って移動中でも片手で簡単に入力
  • 文の途中でも、なぞり入力とタップ入力を切り替え可能
  • 候補の単語が表示される予測バー

テキスト編集

  • スクロールバーをスクラブして直接ドラッグし、長文の書類、Webページ、メールをすばやく移動することが可能
  • カーソル移動の速度と精度が向上し、目的の位置に簡単に移動可能
  • テキストの選択操作が改善し、テキストをタップしてスワイプするだけで選択可能

フォント

  • お気に入りのAppでApp Storeのカスタムフォントを使用可能
  • "設定"でのフォント管理

ファイル

  • "ファイル"で外部ドライブがサポートされ、USBドライブ、SDカード、またはハード・ドライブのファイルのアクセスと管理が可能
  • SMBサポートによる勤務先のサーバや自宅のPCへの接続
  • ローカルドライブにフォルダを作成し、よく使うファイルを追加するためのローカルストレージ
  • Zip圧縮およびZip解凍がサポートされ、Zipファイルの作成と展開が可能

ヘルスケア

  • 新しい"概要"表示に、通知、よく使う項目、よく使うAppやデバイスからのハイライトなど、パーソナライズされたデータを表示
  • よく使うAppやデバイスからのヘルスケアデータをハイライトして時間経過と共に傾向を役立つチャートやグラフにして表示
  • 周期記録機能を使って、出血量、症状、妊娠に関する指標など、月経周期に関する情報を記録可能
  • Apple Watchの"ノイズ" Appからの環境音レベル、ヘッドフォンの音量、聴覚検査のオージオグラムなど、聴覚の健康に関するデータタイプ

Apple Music

  • タイミング同期された歌詞機能で正確なタイミングで歌詞を表示してさらに楽しい音楽体験
  • 100,000を超える世界中のライブラジオステーション

スクリーンタイム

  • 30日間の使用状況データを使い、過去数週間のスクリーンタイムの数値を比較
  • 複数のAppカテゴリ、特定のApp、またはWebサイトの制限を1つの制限に結合
  • スクリーンタイムの制限時間になったときに、"あと1分"オプションを使って作業内容をすばやく保存したりゲームからログアウトすることが可能

プライバシーおよびセキュリティ

  • 位置情報を"1度だけ許可"するオプションにより、Appと位置情報を1度だけ共有することが可能
  • バックグラウンドのトラッキング通知により、Appがバックグラウンドで位置情報を使用しているときに通知が可能
  • Wi-FiおよびBluetoothの機能改善により、Appがユーザの同意なしに位置情報にアクセスすることを防止
  • 位置情報の共有コントロールにより、写真を共有する際に位置情報データを簡単に削除するオプションが利用可能

システム全体の体験

  • コントロールセンターでWi‑FiネットワークおよびBluetoothアクセサリを選択
  • 左上隅に控えめに表示される、新しいデザインの音量コントロール
  • Webページ、"メール"のメッセージ、iWorkの書類、および"マップ"で、ページ全体のスクリーンショットを撮影可能
  • 共有シートのデザインが新しくなり、インテリジェントな候補機能を使って数回タップするだけでコンテンツの共有が可能
  • iPhone XR、iPhone XS、およびiPhone XS Maxでドルビーアトモス、ドルビーデジタル、またはドルビーデジタルプラスのサウンドトラックのコンテンツを再生するときに魅力的なサラウンドサウンド体験を実現するドルビーアトモス再生

言語サポート

  • 38の新しいキーボード言語をサポート
  • 広東語、オランダ語、ヒンディー語(デーバナーガリー文字)、ヒンディー語(ラテン文字)、アラビア語(ナジュド)、スウェーデン語、およびベトナム語のキーボードでの予測入力
  • iPhone X以降で絵文字と地球アイコンのキーが別々になり、言語と絵文字選択の切り替えをよりすばやく簡単に実行可能
  • 音声入力言語の自動検知
  • タイ語-英語およびベトナム語-英語の二言語辞書をサポート

中国向けの機能

  • カメラで専用のQRコードモードを利用可能。コントロールセンターからアクセス可能で、QRコードのパフォーマンスが向上。フラッシュライトのオプションを備え、プライバシー保護機能も向上
  • 中国での運転中に"マップ"でジャンクション表示を利用し、複雑な道路での移動を容易にすることが可能
  • 中国語キーボードの手書きエリアを調整可能
  • 倉頡、速成、筆画、および手書きキーボードで広東語の予測機能

インド向けの機能

  • 新しくなった男性と女性のSiriの英語(インド)の声
  • 22のインドの公用語をすべてサポートし、15種類の新しいキーボード言語を追加
  • ヒンディー語(ラテン文字)と英語キーボードの二言語キーボード(予測変換入力を含む)
  • ヒンディー語(デーバナーガリー文字)キーボードでの予測変換入力
  • 新しいインドの言語用のシステムフォント(グジャラート文字、グルムキー文字、カンナダ文字、オディア語)により、App内での読みやすさが向上
  • アッサム語、ベンガル語、グジャラート語、ヒンディー語、カンナダ文字、マラヤーラム文字、マラーティー語、ネパール語、オディア語、パンジャブ語、サンスクリット語、タミール語、テルグ語、およびウルドゥ語用の、新しい30種類の書類用フォント
  • 数百もの間柄を表す新しいラベルにより、連絡先に正確なラベルを付けることが可能

パフォーマンス

  • Appの起動が最大2倍高速化*
  • iPhone X、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS MaxでのFace IDによるロック解除が最大30パーセント高速化**
  • Appアップデートのサイズが平均60パーセント縮小*
  • App StoreのAppのサイズが最大50パーセント縮小*

その他の機能および改善

  • 不明な発信者を消音し、"連絡先"、"メール"、"メッセージ"で既知の番号からの電話を受けながら、その他の着信はすべて留守番電話に転送
  • バッテリー充電を最適化し、iPhoneが完全に充電されている時間を減らすことで、バッテリーの劣化速度を低下
  • 省データモードにより、モバイルデータ通信または選択した特定のWi-Fiネットワーク経由のデータ使用量を削減
  • PlayStation 4およびXboxのワイヤレスコントローラをサポート
  • "iPhoneを探す"および"友達を探す"が1つのAppに統合され、紛失したデバイスがWi-Fiやモバイルデータ通信に接続できない場合でもデバイスを探せる機能を搭載
  • Apple Booksの読書目標により、毎日の読書の習慣づけを支援
  • "カレンダー"がイベントへの添付ファイルの追加をサポート
  • ファミリー共有でインターネット共有を使うと、家族のデバイスが自動的に近くにあるiPhoneのインターネット共有に接続することが可能
  • "ホーム" Appでは、HomeKitアクセサリのコントロールのデザインが新しくなり、複数のサービスに対応するアクセサリをまとめて表示可能

*標準のピークパフォーマンスに対応するiPhone XS、iOS 12.3を搭載するiPad Pro(11インチ)、およびリリース前のiPadOSおよびiOS 13を使用し、2019年5月にAppleが実施したテスト結果です。テストでは、準備段階のApp Storeサーバ環境で再パッケージされた他社製Appを使用しています。Appのアップデートのダウンロードサイズ縮小の数値は、頻繁にアップデートされるAppコレクションの平均値に基づきます。パフォーマンスは特定の構成、コンテンツ、バッテリーの状態、使用状況、ソフトウェアのバージョン、その他の要素によって異なります。

**標準のピークパフォーマンスに対応するiPhone XおよびiPhone XS Max、iOS 12.3を搭載するiPad Pro(11インチ)、およびリリース前のiPadOSおよびiOS 13を使用し、2019年5月にAppleが実施したテスト結果です。デバイスのスリープ解除には、サイドボタンまたはトップボタンを使用しています。パフォーマンスは特定の構成、コンテンツ、バッテリーの状態、使用状況、その他の要素によって異なります。

一部の機能は、デバイスや地域によっては利用できないことがあります。詳しくは次のWebサイトを参照してください: https://www.apple.com/jp/ios/feature-availabilityおよびhttps://www.apple.com/jp/ios/whats-new

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

iPhone-11-Max-comparison-w1280

うわさを信じちゃいけないよ…。

とうとう来週に迫ってきた、Apple(アップル)発表イベント。そして、例によって、今年も続々と当日発表されるであろう製品のリークが飛び交っています。なかでもAppleInsiderは、iPhoneに加え、同時にApple WatchやiPadの新製品まで登場してくるとのうわさを流していますよ!

一連のうわさの情報ソース、最新のAppleの情報を発信しているとされるTwitterアカウント@AppleBeta2019とされています。とある内部関係者から入手した、全10ページの「Apple Software Development Resources」と題するニュースレターに、数々の来週のイベント関連のリーク情報が記されていたようですね。

それによると、まず発表されるiPhoneは「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3モデルで、iOS 13.1.0が搭載されるみたいです。この3モデルについては、別に新しい情報ではないのですが、気になるのは、そのリリースのスケジュールでしょう。各モデルとも発売は9月27日とされており、iOS 13の配布は、先立つ9月23日となっているんですよね。これって、予想されていた9月20日という発売スケジュールより、1週間遅れるってこと?

さらに、今回のリークで興味深いのは、第5世代となるApple Watchの新モデルが、watchOS 6を搭載して4モデル同時に発表されるということ。またiPadも、iPadOS 13を搭載して、2モデル同時に発表されるんだとか。エントリーモデルと、iPad Proの後継モデルという、2機種のラインナップになるそうですよ。ただ、iPadだけは、10月に別の発表イベントが開催され、そこで発表との流れになる可能性もあるとされています。

なにはともあれ、来週のApple祭りに向けて、かなり盛り上がってきたことだけは確かなようです。iPhone 11と同時に、Apple WatchもiPadも新モデルが発売されたりしたら、もういくらお金があっても足りなくなりそうですよね? あとここにないのはMacBookくらいかな~。

↑このページのトップヘ