タグ:Google



たしかに...。

iPhone 11はカメラがよくはなったけど、これといってスゴイなというものはなかったような。


2019年の業績において、Appleはすばらしく堅調な売れ行きを見せてくれました。新型AirPods、そしてAirPods Proのおかげでだいたい40〜60億ドル(約6500億円)の売り上げが得られたそう。また、2019年のエースはiPhone XRといえます。四半期のすべてにおいてベストセラーに輝いているのですから。売り上げは好調ではあったものの、正直Appleが2019年にリリースした端末のどれもそれほどぱっとするものではなく、面白みに欠けていたことは否めないでしょう。

面白くないからと言ってよくなかったというわけでもありませんので誤解なきよう。2019年はAppleにとって、面白みがなかったからこそよい年になったのかもしれません。でも、ここまでの成り行きを見ると、Appleはマクドナルドのメニューを参考にしているのかな、とぼやきたくなります。マクドナルドでは、どんなものがメニューに載っているのか、みんな知っています。ビッグマックだの、ナゲットだの、もう口に入れる前から味すら分かっていますよね。マクドナルドの人気の秘密は、親しまれているあの味です。いつもの味だから安心できる。Appleはそれをテック界で誰よりもうまく展開しているわけです。その証拠に、Appleが2019年にリリースした新しい端末をひとつずつ見てみましょう。

まず、2019年春にAppleはiPad Mini 5みんなをあっと言わせました。みんなが驚いたのは製品のスペックでも機能性でもなく、やっとこさ出たな、またはなぜこのタイミングでという話題性でした。マンガをiPadで愛読している人とか、モバイルゲームの愛好家なんかは大喜びしましたよね。iPad miniはもう出ないとの予測がうれしくも外れた形になったわけです。いずれにせよ、もっと早く新型を出すべきだったとは思いますが。

Image: Counterpoint
2019年第3四半期のベストセラーたち。iPhone 11をしのぐ売り上げを見せている。

それと同じ月に、Apple はAirPods 2をリリース。AirPods 2は見た目は前モデルとほとんど同じ。違う点といえば、H1プロセッサが Siriとの連携プレーを可能にした点。接続性は向上し、音楽の再生時間も長くなっています。充電ケースはたしかに新しくなりましたが、ケースだけで80ドル(8,800円)はちょっと高すぎかも。AirPowerがぽしゃったことを考えると、AirPodsケースにQi充電がついたのは、さしずめおなぐさみの残念賞といったとこでしょうか。

次に刷新されたMacBook ProとMacBook Air、そして第7世代のiPod Touchが出ました。いずれもまあまあのアップデートがありましたが、これもぱっとせず。悪くないのですがそれほど騒ぎ立てるポイントもないのが正直なところ。

秋には、2つの新型iPhoneとiPad OS(とこれまたつまらない新型iPad)が雪崩れ込み、 新しいApple Watch、2つの新しいサブスクサービスが展開されています。そして、一部の国ではAppleロゴが入ったチタン製クレジットカードが登場しています。Appleの秋の新製品を見ると、共通しているのはこざかしい製品アップデートでしかなく、革新的なものは何もなかったという点です。


Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo US)

iPhone 11に関しては、Appleは超広角カメラのほかカラバリも追加して価格を下げてきました。去年のiPhone XRと比較すると50ドル(5,500円)も安価になっています。たしかにiPhone 11はすばらしい端末です。背面のカメラが3台になったのはいいアップデートでした。しかし、iPhone 11を7万4800円で購入するよりも、去年のモデルであるiPhone XRを6万4800円で購入するほうを選んだ人が多かったということは、人々は値段により敏感になっているということの証です。また iPhone 11の新機能よりも、iOSとAppleのエコシステムのほうがより重要な購買ポイントであったということにもなります。

次に、iPhone 11 Proと11 Pro Maxについて。3つの背面カメラと新しい画像処理ツールDeep Fusionは注目に値するでしょう。以前はHDR+モードやPixelのNight Sight機能(夜間モード)で画像処理ではGoogleが一歩先を行く感じでした。しかし 2019年はAppleが加速を増し、iPhoneが一気に返り咲いた形となりました。 Pixel 4に至っては他の端末と比べカメラの数がひとつ足りないという間違いをおかしていますし。

それはさておき、果たしてiPhone 11 Proは「Pro」と呼べるのかと、わたしはずっと自問してきました。iPad Proのようなリフレッシュレート120HzのPro Motionディスプレイもなし、リバースワイヤレス充電もなし。ケーブルは今だにライトニングのままです。Apple Pencilの対応もないですし。

最新のApple Watchに関しては、今年最大のアップデートは常時オンが可能になったディスプレイでした。第5世代になってついにApple Watchはふつうの時計として使用できるようになりました

Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo US)
AppleのDeep Fusion画像処理はiPhone 11に付加価値をもたらすもの。特に犬の毛などディテールで強い力を発揮。

ラップトップやモニタのような大きめのデバイスにつくようなリフレッシュレートをスマウォにつけたのは、ひとえに創意とエンジニアリングのたまものです。女性の健康に配慮したトラッキング数値やApp Storeも重要なアプデでしたが、これらはwatchOSのアップデートなので旧モデルのApple Watchでも使えます。常時ディスプレイ以外は、Series 5には特に目立ったものはなかったと言えるでしょう。ほんのちょっとだけよくなった程度。

そしてApple ArcadeとApple TV+の登場。急成長を続けるAppleのサービス産業セクターに加えるには、うってつけのサービス。ですが、All MankindのようなApple TV+ シリーズですら『ウォッチメン(HBO)』 や『ウィッチャー(Netflix)』のようなストリーミングメディア番組にはかないませんでした。Apple Arcade は2019年にAppleが打ち出した最高の新サービスであると思う一方、モバイルゲーム業界に与える影響はまだ未知数です。

新型のAirPods Proも大きな人気を獲得しましたが、これはAppleがリリースした製品の中でもいちばん予測しやすかったものと言えます。ノイキャン機能と快適なイヤーチップの追加はうれしいアップグレードです。ですがGoogle、Microsoft、Samsung、Amazonと、ほかのビッグなメーカーが軒並みオーディオ製品を刷新しています。予知能力者でなくともこれらは簡単に予想できたものといえましょう。

Photo: Victoria Song (Gizmodo US)

最後に、新しい16インチのMacBook ProとMac Pro。 MacBook Pro 16のベストな点は、待望の高性能キーボードでしょうか。Escapeキーと以前の形に戻った矢印キーが備わり、タイピングもスムーズ。未来にAppleのラップトップ史を振り返るとしたら、2015年から2019年にかけてはキーボードの暗黒時代と言ってもよく、Appleのバタフライキーボードはすでにその存在すら忘れられているかもしれません。

Mac Proについては、残念ながらこの目で確かめることはできていませんが、どっしりとした存在感でカスタマイズ性が高く、おそろしく高速なデスクトップなのは確実で、これこそ2013年のゴミ箱型Mac Pro 以来、万人が望んでいたデスクトップではないでしょうか。残念ながら、Mac ProとPro Display XDRはスターティングプライスがそれぞれ6,000ドル(約65万円)と5,000ドル(約55万円)と高額で、経費で落とせるような贅沢なエグゼクティブでもない限り、普通の人はなかなか手にすることは難しいのではないかと予想されます。

それぞれ、いずれも小さなアップグレードはぱっとしないものでしたが、すべてを総合してみると大きな進歩かもしれません。Appleは他のメーカーと比較すると安定性を得ているのかなと感じます。長いこと、Appleはテックに詳しくない人たちにすぐれたテクノロジーを提供してきました。押せば動くようなシンプルな端末を作ってきており、2019年はその原則をさらに裏打ちした形です。ひとつだけ例外があるとすれば、それはmacOS Catalina と、32bitアプリのサポート終了。いずれもAppleのラップトップユーザーに頭痛の種を植え付けました。

Photo: Raul Marrero (Gizmodo US)

そして今、わたしたちが共通して感じるのは「あのワクワク感とイノベーションはどこへ行ったのか」ということではないかな、と思うんです。スティーブ・ジョブズと比べるとティム・クックに足りないのはなんといっても創造性です。iPodやiPhone、iMacが生まれたときのあの感動がない。Appleは年に数回イベントを行なっていますが、かつて「未来」をどんどん先取りして魅せてくれたようなあの臨場感やワクワクがなくなり、お話だけに終始している、そんなふうに感じているのはわたし一人ではないはず。

わたしの予想では、たぶん2020年にはもっと変化が訪れるはずです。AppleがAR ヘッドセットを2020年に出すという噂もありますし、2019年は3年と言われるAppleのiPhoneリフレッシュサイクルの最後の年にもなります。2020年は大きな変化の年、メジャーアップデートに当たる年のはずなんです。

そしてAppleは5Gにどう挑むのか? Face IDのノッチはなくなるのか、小さくなるのか。Touch IDは戻ってくるのか、CESではプライバシーについてどのようにふれるのか。それからApple Carは?

2019年はAppleが2020年に備えて製品ラインをいわば「精製して寝かせている年」なのかもしれません。あのiPhoneの華麗な登場を今でも覚えている人たちは、Appleはなにか面白いものをきっと2020年に披露してくれる、そんな期待をみんな抱いているのではないでしょうか。

メイン機としても使えそうなパフォーマンス




GoogleがPixel 4と共に発表した最新Chromebook「Pixelbook Go」を購入してみました。Pixelbookシリーズは米Amazonでも販売しているものの、日本への発送を行っていないので、今回は編集長がニューヨークに行ったタイミングで購入してきてもらいました。

Pixelbook Goには、Core i7にRAM 16GB、4Kディスプレイも搭載した、むしろWindows 10をインストールさせてほしいようなハイスペックモデルも設定されていますが、購入したのはCore m3にRAM8GB、解像度はFHD(1920x1080)の最下位モデルです。


▲表面はマット調。指紋は目立ちませんが、手の油は気になります......

11~12インチ程度の比較的小型な端末が多いChromebookの中で、Pixelbook Goは13.3インチとやや大きな部類になります。見た目は、完全に普通のラップトップです。


▲Chromebookとしては大きめな印象。重さは実測で1050gでした

ポート類は左右にUSB Type-Cは1つずつ。どちらも充電と映像出力に対応しています。左側には3.5mmジャックも備えます。


▲左側面にはUSB-Cのほか3.5mmジャックも

60W充電器を使った実測で、約19.1V/2.0Aでの充電が行えました。ちなみに付属のUSB-ACアダプタは45W対応です。



Pixelbook Goの外観で、最も特徴的なのは底面の波型デザインでしょう。この部分、ラバーだとばかり思っていたのですが、実際には筐体と同じ金属製。上下にゴム足が付いているだけでした。


▲ラバーだとばかり思っていました

持ち運び時のグリップ性や膝上で使い場合の安定性を考えたデザインとのことですが、ここはフラットでも良かった気がします。ただ、このデザインは筐体の強度アップには貢献している可能性はあります。


▲持ちやすいかと言われると、それほどでも......

キーボードは、静音性を売りにしており、確かに静かです。ただ、一般的なメンブレンキーボードと大差ないようにも感じます。私の打鍵圧が強すぎるのかもしれませんが。


▲キーピッチは19mmを確保。キーストロークはやや浅めですが、感触は良好です

キーボード上にはGoogleアシストボタンも用意されており、いつでも呼び出せます。なお、ハンズフリーでの「OK Google」にも対応しています。




ちなみに、SIMは挿さりませんが、Android端末のデータ通信をChromebook側からワンクリックで利用できる、インスタントテザリングに対応しています。一度設定してしまえば、スマートフォン側の操作は不要です。



ソフト面では、特に専用のカスタマイズが施されているわけでもなく、ごく普通のChrome OSです。CPUが最近のUMPCですっかりおなじみになった第8世代のCore m3-8100Yということもあり、動作は軽快です。

Chromebookのベンチマークと言えば、GoogleのOctaneが有名ですが、これはすでに開発が終了しています。とはいえ、まだ利用はできるので、試しにPixelbook Goで実施したところ28099というスコアでした。なお、CPUにOP1を搭載するASUS C101PAでは11068。



また、AndroidアプリのGeekBench 5のスコアはシングルコアで704、マルチコアで1144でした。こちらはC101PAでは動作しなかったので比較はできません。

大抵のことはChromeブラウザ上で行えますし、Androidアプリも使えるので、数日使っている範囲では、特に困ることはありませんでした。強いて上げるなら、Android向けにもちゃんとしたPhotoShopアプリが欲しいところですが、ここは今後に期待しておきます。
▲Photoshop Expressだと物足りなさも

なお、まだベータ版の扱いですが、Chrome OSではLinuxを扱うことも可能です。Linuxをある程度知っている人限定ですが、人気の画像編集ソフトGIMPも利用できます。


▲GIMPが快適に動作します

丸1日外に持ちだして作業することもありましたが、バッテリーも余裕で持ちました(公称では12時間)。もちろん、移動などもあり、フルで使っていたわけではありませんが、バッテリーを気にせず使えるのはやはり気持ちが楽です。

アップルのフィル・シラー氏には「子供の教育には役に立たない」と切って捨てられたChromebookですが、分かっている人が利用する分には、十分に活用できる端末だと感じます。とくに、パソコンでは主にブラウザやWordなどの文章作成・編集がメインだというなら、何の不自由もないでしょう。

Chroembookは、日本市場では今ひとつ盛り上がりに欠けるのですが、Pixelbookが投入されれば、一気に火が付く可能性もあります。Googleにはぜひ、日本市場への投入を検討して欲しいところです。

純正新品 Google Google 充電器、 Google アダプター対応 W18-015N1C. Google Google 電源アダプタは1年間の保証と低価格です, 即日発送!

Google

特徴・機能

Google 純正 ACアダプター 『Google』 
★ Google純正ACアダプター Google です。 
★ モバイル機には必需品の予備! 自宅や職場のもう一つどうぞ。 
★ その他、規格が合えば、様々なものの電源に使用いただけます。 
★ DC出力端子14V-1.1A 
※ 対応機種については、各自調査下さい。 

产品规格:

  • のブランド :Google
  • 入力電圧 :100-240V~50/60 Hz
  • 出力電圧 :14V-1.1A

互換性のある部品番号:

G1015-US W18-015N1A W18-015N1C

対応機種 :

Google Home Hub power charger adapter cable

【Google Googleパソコンアダプターの取り扱い注意】

不適切な使用による断線や接触不良が生じ、製品の故障や発熱 発火 感電を発生する恐れがあります。
お客様に安心安全にお使い頂くため以下の記載事項を必ずお守りください。
●異常が起きたときには、直ちに電源プラグをコンセントから抜き、本体の電源を切ります。
●ACアダプター Google Google と電源コードは温度0-40℃/湿度20-80%の環境にて、表示された定格電圧(14V-1.1A)で使用します。
●ACアダプタと電源コードの設置と保管について
●濡れた手で電源コードやACアダプターに触ってはいけません。
●ACアダプターの放熱を妨げてはいけません。表面装飾や改造は Google  Google メーカー製ACアダプターの放熱効果の低下を招きます。
●引火、爆発のおそれがある場所での使用しない振動の多い場所や湿度の高い場所に設置 保管しない。
●2週間以上使用しないときは、電源プラグをコンセントから取り外して保管します。
●水、海水、雨滴、その他の液体につけたり、濡らしてはいけません。濡れた場合は、直ちに使用を中止します。
●落雷のおそれがあるときには速やかに電源コードをコンセントから取り外します。 
●プラグ部分は定期的に清掃します。ゴミやホコリは絶縁不良や接触不良の原因になります。

売れ筋ランキング

純正新品 Google Google 充電器、 Google アダプター対応 W18-015N1C. Google Google 電源アダプタは1年間の保証と低価格です, 即日発送!

Google

特徴・機能

Google 純正 ACアダプター 『Google』 
★ Google純正ACアダプター Google です。 
★ モバイル機には必需品の予備! 自宅や職場のもう一つどうぞ。 
★ その他、規格が合えば、様々なものの電源に使用いただけます。 
★ DC出力端子14V-1.1A 
※ 対応機種については、各自調査下さい。 

产品规格:

  • のブランド :Google
  • 入力電圧 :100-240V~50/60 Hz
  • 出力電圧 :14V-1.1A

互換性のある部品番号:

G1015-US W18-015N1A W18-015N1C

対応機種 :

Google Home Hub power charger adapter cable

【Google Googleパソコンアダプターの取り扱い注意】

不適切な使用による断線や接触不良が生じ、製品の故障や発熱 発火 感電を発生する恐れがあります。
お客様に安心安全にお使い頂くため以下の記載事項を必ずお守りください。
●異常が起きたときには、直ちに電源プラグをコンセントから抜き、本体の電源を切ります。
●ACアダプター Google Google と電源コードは温度0-40℃/湿度20-80%の環境にて、表示された定格電圧(14V-1.1A)で使用します。
●ACアダプタと電源コードの設置と保管について
●濡れた手で電源コードやACアダプターに触ってはいけません。
●ACアダプターの放熱を妨げてはいけません。表面装飾や改造は Google  Google メーカー製ACアダプターの放熱効果の低下を招きます。
●引火、爆発のおそれがある場所での使用しない振動の多い場所や湿度の高い場所に設置 保管しない。
●2週間以上使用しないときは、電源プラグをコンセントから取り外して保管します。
●水、海水、雨滴、その他の液体につけたり、濡らしてはいけません。濡れた場合は、直ちに使用を中止します。
●落雷のおそれがあるときには速やかに電源コードをコンセントから取り外します。 
●プラグ部分は定期的に清掃します。ゴミやホコリは絶縁不良や接触不良の原因になります。

売れ筋ランキング

カメラはPixel 3と同等


dims

グーグルは、5月8日に、Pixelシリーズの廉価版にあたる「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」の2機種を発表しました。どちらのモデルも日本で発売される予定で、「Pixel 3」「Pixel 3 XL」と同様、日本版はFeliCaを搭載。おサイフケータイやGoogle Payの非接触決済に対応します。ディスプレイサイズはPixel 3aが5.6インチとPixel 3より0.1インチ大きめ。一方でPixel 3a XLは6.0インチと、Pixel 3 XLの6.3インチより0.3インチほど小さくなっています。

本日(5月8日)よりGoogle Storeで予約受付を開始し、5月17日に発売予定。携帯キャリアからの発売も予定します。


28ef1160-70f7-11e9-beff-2f969a1ebf4d
▲ミドルレンジモデルのPixel 3a(左)とPixel 3a XL(右)。画像提供:Google

2機種とも、チップセットにSnapdragon 670を採用。Pixelシリーズ初のミドルレンジモデルという位置づけになります。チップセット以外でも、ボディをガラスと金属からポリカーボネートにしたり、非接触充電を省いたり、防水性能がIP52の「耐水」になっていたりと、随所にコストダウンを図った跡が見え隠れします。

google-pixel-3a-xl-review-1
google-pixel-3a-xl-review-1 (1)
google-pixel-3a-xl-review-1 (2)
▲本体の素材はポリカーボネートに

結果として、日本での販売価格は、Pixel 3aが4万8600円、Pixel 3a XLが6万円(いずれも税込)と、比較的リーズナブルに。日本市場の動向にマッチしているのは偶然かもしれませんが、分離モデル導入後にも買いやすい価格になっています。SIMフリーモデルを単体で購入してMVNOとセットで使うにも、ちょうどよさそうな端末といえるでしょう。

AIを駆使したカメラ性能は「Pixel 3」からキープ

チップセットやボディの材質などでコストダウンを図った一方で、Pixel 3、3 XLの売りであったAIを駆使したカメラの性能はキープ。カメラモジュールは同じもので、AIによって実現したトップショットやフォトブース、さらには「暗視カメラのように明るく写る」と話題になった夜景モードにも対応しています。グーグルによると、写真の写りに関しては基本的に、Pixel 3、3 XLと同等に仕上げているといいます。


google-pixel-3a-xl-review-1 (3)
▲Pixel 3、3 XLで話題になったカメラ機能はそのまま

(更新)*初出時、Googleフォトの元画質保存が無制限になるとの記載がありましたが、無料かつ無制限なのは高画質のみのため、当該部分は削除しました。お詫びして訂正します。

ただし、チップセットがSnapdragon 670になっている上に、画像処理を担っていた「Pixel Visual Core」も非搭載で、処理速度についてはPixel 3、3 XLよりは見劣りします。ソフトウェアを最適化し、処理を高速化したといい、Pixel 3a、3a XLを単体で使っているぶんにはストレスを感じることはなさそうですが、Pixel 3、3 XLを比較すると違いは分かるかもしれません。

とはいえ、先に挙げたように価格は上位モデルの約半額。これで同等の画質というのは、非常にお買い得といえるでしょう。3Dグラフィックを駆使したゲームなど、パフォーマンスを極限まで求めるアプリは利用しないものの、カメラにはこだわりたい。そんなユーザーにしっかり響く端末といえそうです。ミドルレンジモデルというと、カメラの画質まで落とされてしまうのが一般的でしたが、そうではなく、あくまでパフォーマンスやボディの素材の違いに留めたのは英断といえます。

「ハイエンドスマホの高価格化」に一石

では、なぜグーグルがPixel 3a、3a XLを開発したのでしょうか。その理由は、ハイエンドモデルの高価格化にあるといいます。グーグルの Pixelビジネス担当シニアディレクター、ナンダ・ラマチャンドラン氏は、「ここ数年、携帯電話の価格はどんどん上がっている」としながら、2年前のフラッグシップモデルは650ドル(約7万円)程度だったと指摘。「2年前に買った人がちょうど買い替える時期にきているが、同じフラッグシップモデルだと1000ドル(約11万円)払わなければならない」と現状を語りました。

291eace0-70f7-11e9-bee6-dfd5a2cb9d8d
▲ミドルレンジモデル投入の狙いを語ったラマチャンドラン氏。写真は昨年10月のもの

確かにそのぶんスペックは上がっているのですが、ユーザーの財布の中身は無尽蔵ではありません。スマホにかけられる金額には限り人も多いでしょう。結果として、多くのユーザーが、「2年前に買ったものをそのまま使い続けるか、少し金額を落として払えるものを買うか」(同)の二択になるというのがラマチャンドラン氏の見立てです。

そこでグーグルは、「エントリープレミアムという考え方を導入した」(同)といいます。同社の得意とするソフトウェアやAIの力はそのまま使いつつ、ハードウェアの一部をそぎ落とすことで、価格を引き下げたというわけです。ラマチャンドラン氏の言葉を借りると、「プレミアムな体験をお求めやすい価格で提供する」といえるでしょう。

一方で、プレミアムな体験をするうえで、欠かせないハードウェアもあります。特にカメラのセンサーやモジュールの違いは、画質に直結します。だからこそ、Pixel 3a、3a XLでは、他のスペックは落としつつも、カメラ機能は上位モデルと同等に仕上げてきたと考えることができます。 


29227d70-70f7-11e9-a57f-6379a9577991
29253c90-70f7-11e9-99fc-d05714acb2b8
▲カメラ以外でも、ハードウェアに依存する機能は上位モデル相当のものが搭載されている。写真は昨年発表されたPixel 3、3 XLのもの


ディスプレイは有機EL、握って操作のActive Edgeにも対応

カメラ以外では、セキュリティ用チップの「Titan M」も搭載されているほか、ディスプレイも有機ELで、Always-on Displayなどにも対応。握ってGoogleアシスタントを起動する、Active Edgeも搭載しています。パッと見で分かるところは上位モデル相当にしつつ、気づかれにくいところでコストを下げたという点では、取捨選択が上手だと感じました。




>>>>>>>>>>>「HTC B2PW2100 モバイルバッテリー」3.85V/4.4V 3450mAh/13.28WH 純正HTC 格安充電池 交換バッテリー

>>>>>>>>>>>「HTC B2PW4100 モバイルバッテリー」3.85V 2770mah 純正HTC 格安充電池 交換バッテリー


↑このページのトップヘ