タグ:iPad

来年はモバイルサブディスプレイが熱くなりそう!?



狭い机の上より、広い机のほうが仕事がはかどります。それと同じように、小さくて表示量の少ないディスプレイより、大画面で一度にたくさんの情報を表示できたほうが、作業効率は飛躍的にアップするでしょう。

サードパーティー製のアプリでiPadをMacのサブディスプレイ代わりにしている人は(Engadgetの読者であれば)多いと思います。macOSのバージョンがCatalinaに、そしてiPadOSが登場してからというもの、デフォルトでその組み合わせ(Sidecar)が実現できるようになりましたね。羨ましい。

でも、だからといってWindows使いがほぞを噛む必要はありません。iPadと同じくらいの価格でモバイルできるサブディスプレイが多数登場しているからです。

2019年のマイ・ベストバイは、そんなアイテム。持ち歩きしやすい外付けディスプレイ「PROMETHEUS MONITOR 15.6 FHD」(以下、プロメテウス)です。

持ち歩ける大画面


プロメテウスのディスプレイサイズは製品名にあるとおり15.6インチ。

「えっ、そんな大きいの持ち歩いているの?」と思われるかもしれませんが、フットプリントこそ大きいものの、持ち歩くのは全く苦にならないんです!

その理由は、最薄部4.3mm、本体とカバーの合計重量が約1004gと、この大きさのモバイルディスプレイにしては軽いから。

「えっ、1kg超えてるじゃん。軽いはずがない」という声が聞こえてきそうですが、違う、そうじゃない。本体は600gなんです。タブレットでも、ディスプレイむき出しのままではなく、ほとんどの人はケースなりカバーなりをつけているのではないでしょうか? せっかく本体が軽くても、チョイスしたケースによっては予想以上に重量オーバーになってしまいがち。

プロメテウスの場合は、薄くて丈夫なカーボンカバーが付属していて、その重さが約404g。合計すると1kgを超えてしまう、というだけの話なんです。

このカバーがとてつもなくかっこいい。"カーボン調"ではなく、本物の高強度のカーボンファイバー製。本体背面にはカーボン調プリント。カバーを着けたときの統一感がいい雰囲気です。



全体的な大きさはW356×H212×D9.7mm。15.6インチなのに、狭額縁のおかげで14インチクラスのノートPCと変わらないサイズ感です。

解像度は1920×1080のフルHD。4Kにしなかったメーカー側の理由は「4K出力に対応しているPCがまだそれほど多くないから」だとか。実際、自宅用Windowsマシンは4Kディスプレイ搭載のSerfaceBookですが、細かすぎて150%に拡大表示して使っていますしね。

持ち歩き用PCが、タブレットPCモードを搭載していないため、プロメテウスの機能の1つである静電容量式10点マルチタッチの恩恵に預かれていないのが残念なところでしょうか。

作業効率アップで短時間の作業が楽に

届いてから、取材など外で作業する際には必ず持ち歩いているプロメテウス。PC本体からHDMIケーブルで映像を、USB Type-Cケーブルで電力を出力するため2本のケーブルをつなぐだけでセットアップ完了。



作業が終わったら、ケーブルを抜くだけなので店じまいにも時間がかかりません。

そのため、30分ほどの空き時間があれば、カフェなどでサクッと作業できます。資料や写真フォルダーの中身をプロメテウスに表示させておけるため、狭いディスプレイであちらこちらとウィンドウを切り替える手間が省け、作業効率は1.5倍以上にアップ。しかも、PCを開いただけのときよりも、自分の中での仕事モードへの切り替えが早くなり、時間のロスがなくなるという思わぬ効果も。



画面出力できるスマートフォンや、Nintendo Switchなどともつなげられるので、物理キーボードを接続したスマートフォンとの組み合わせでPCライクに、またゲームを大画面で楽しむといった使いかたもでき、夢が広がります。



今回はMakuakeでのプロジェクト中に手に入れましたが、11月22日には一般販売も始まり、Makuakeなどにて税込み4万9800円で購入可能です。最高の環境でスキマ時間に仕事ができる――プロメテウスは、間違いなくわたしの2019年ベストバイアイテムになりました。

数少ない本気のAndroidタブレット



中国ファーウェイは、新型タブレットの「MatePad Pro」を発表しました。

MatePad Proは10.8インチディスプレイを搭載したタブレットで、画面解像度は2560 x 1600ドット、ベゼル幅は4.9mmに抑えられており画面専有比率は90%に達します。このディスプレイはDCI-P3の色域に準拠し、540ニットを誇る高品質なもの。またディスプレイ右上にはパンチホールデザインにて、800万画素カメラが内蔵されています。

内部には最新プロセッサのKirin 990が採用され、RAM容量は6GB/8GBに内蔵ストレージは128GB/256GBとトップスペック。背面には1300万画素のメインカメラが搭載されています。バッテリー容量は7250mAhで40Wの高速充電(ワイヤレス給電時には15W)に対応しています。採用OSはファーウェイがAndroid OSに独自カスタムを施したEMUI 10です。

さらに、上位モデルではキーボードカバーとスタイラスが付属するのも特徴。両者を装着した様子は、まるで米アップルのiPad Proのようです。本体重量は460gと、iPad Proとほぼ同等。ただし厚さは7.2mm(iPad Proは5.9mm)と、ライバル製品に比べて若干分厚くなっています。また、本体にはHarman Kardon製のクアッドスピーカーが搭載されています。


MatePad Proはキーボードカバーとスタイラスが付属する、8GB RAM/256GB内蔵ストレージモデルが4999元(約7万8000円)、タブレット単品となる6GB RAM/128GB内蔵ストレージモデルが3299元(約5万1000円)で販売されます。

なお、現在のタブレット市場はiPad一強状態となっています。かつては米グーグルのNexusブランドのタブレットが人気だった過去もありましたが、同社はタブレット市場から撤退してしまいました。AndroidタブレットにはiPadと比べて廉価に入手できるという強みがあるのですが、スマートフォンの大型化でタブレットの需要が低下していること、そして残り少ない需要をアマゾンのKindle Fireシリーズに刈り取られていることから、多くのメーカーが製品投入を中止してしまったのかもしれません。

そんな中であえて高価格帯に投入される今回のMatePad Proは、Androidタブレットの生き残りの試金石となる可能性があります。

iPhone-11-Max-comparison-w1280

うわさを信じちゃいけないよ…。

とうとう来週に迫ってきた、Apple(アップル)発表イベント。そして、例によって、今年も続々と当日発表されるであろう製品のリークが飛び交っています。なかでもAppleInsiderは、iPhoneに加え、同時にApple WatchやiPadの新製品まで登場してくるとのうわさを流していますよ!

一連のうわさの情報ソース、最新のAppleの情報を発信しているとされるTwitterアカウント@AppleBeta2019とされています。とある内部関係者から入手した、全10ページの「Apple Software Development Resources」と題するニュースレターに、数々の来週のイベント関連のリーク情報が記されていたようですね。

それによると、まず発表されるiPhoneは「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3モデルで、iOS 13.1.0が搭載されるみたいです。この3モデルについては、別に新しい情報ではないのですが、気になるのは、そのリリースのスケジュールでしょう。各モデルとも発売は9月27日とされており、iOS 13の配布は、先立つ9月23日となっているんですよね。これって、予想されていた9月20日という発売スケジュールより、1週間遅れるってこと?

さらに、今回のリークで興味深いのは、第5世代となるApple Watchの新モデルが、watchOS 6を搭載して4モデル同時に発表されるということ。またiPadも、iPadOS 13を搭載して、2モデル同時に発表されるんだとか。エントリーモデルと、iPad Proの後継モデルという、2機種のラインナップになるそうですよ。ただ、iPadだけは、10月に別の発表イベントが開催され、そこで発表との流れになる可能性もあるとされています。

なにはともあれ、来週のApple祭りに向けて、かなり盛り上がってきたことだけは確かなようです。iPhone 11と同時に、Apple WatchもiPadも新モデルが発売されたりしたら、もういくらお金があっても足りなくなりそうですよね? あとここにないのはMacBookくらいかな~。

macOS CatalinaとiPadOSのコンビネーションはいかに


dims

既報の通り、iPadOS 13とmacOS Catalinaのパブリックプレビューが公開されました。iPad Proユーザーとして気になるのはやはりiPadをサブディスプレイ化できる「Sidecar(サイドカー)」です。本記事では、MacBook ProとiPad Proを接続して、同機能を検証してみました。

iPad ProをMacに接続する

まず、macOS Catalina(パブリックベータ)にアップデートしたMacBook Proと、iPadOS 13(パブリックベータ)にアップデートしたiPad Proを接続しましょう。MacBook Proのメニューバーに表示される「AirPlay」のアイコンから接続先としてiPadを選択します。


dims

すると、すぐにiPad側にMacの画面が映りました。Sidecar機能自体は有線・無線を問わずに利用できるとのことだったので、両方で試してみましたがどちらも一瞬で接続完了に。

筆者は普段、既存の「Duet Display」アプリを用いてiPad Proを有線接続にてサブディスプレイ化しているのですが、それと比べるとまだベータ版なのにSidecarの安定性には大きな魅力を感じました。


dims (1)

ちなみに、Sidecarで表示できる画面は横向きのみでした。正式版でどうなるのかはわかりませんが、ブラウジングをする際に縦表示があると便利なので、そのうち対応して欲しいところ。

iPad側に拡張された画面を確認

iPad Pro側に表示されたmacOSの画面を確認してみると、MacBook Proに備わっている「Touch Bar」が下部に表示されているほか、左端にメニューが表示されているのがわかります。macOSの表記によると後者は「サイドバー」といい、キーボード操作を補助する役目があるようです。

dims (3)

サイドバーのアイコンについて確認しておきます。上部にある2つのアイコンは、Dock表示をMac側とiPad側のどちらに表示するのかを選べました。

中央部にある4つはキーボードのキーでお馴染み、上から[command] [option] [control] [shift]を意味します。

下部の3つは、UNDO操作、キーボード表示、接続解除を担います。


dims (2)

キーボードを表示させると、iPad側の画面にiOSでお馴染みのソフトウェアキーボードが表示されました。キーボード下部のバーをドラッグして、任意の位置に調整して使うことができます。

なお、Touch Barとサイドバーに関しては、macOS側の「システム環境設定」にある「Sidecar」の項目から表示・非表示、表示する位置をカスタマイズ可能。例えば、Touch Barを上部に表示し、サイドバーを右端に表示させると下記の画面のようになります。

dims (1)

なお、ディスプレイの配置(MacBook Proの右側にiPad Proの画面が連続するようにするなど)は、通常の外部ディスプレイを接続するのと同様に、macOS側の「システム環境設定」>「ディスプレイ」から調整できます。


dims (4)
▲macOS Catalinaの「システム環境設定」画面。下から二段目左にある「ディスプレイ」の横に「Sidecar」の項目があります

dims (5)

▲「システム環境設定」で「Sidecar」を選択した画面。サイドバーやTouch Barのカスタマイズが行えます。接続解除もここからできます

iPadとの接続解除をするには、上記のようにシステム環境設定から「接続解除」を選択すればOKです。ただし、実際にはメニューバーのAirPlayの項目から「接続解除」を選択する方が楽でしょう。また、先述のサイドバー・Touch Barのカスタマイズ操作についても同様です。


dims (6)

macOS CatalinaとiPadOSのコンビネーションはいかに


dims

既報の通り、iPadOS 13とmacOS Catalinaのパブリックプレビューが公開されました。iPad Proユーザーとして気になるのはやはりiPadをサブディスプレイ化できる「Sidecar(サイドカー)」です。本記事では、MacBook ProとiPad Proを接続して、同機能を検証してみました。

iPad ProをMacに接続する

まず、macOS Catalina(パブリックベータ)にアップデートしたMacBook Proと、iPadOS 13(パブリックベータ)にアップデートしたiPad Proを接続しましょう。MacBook Proのメニューバーに表示される「AirPlay」のアイコンから接続先としてiPadを選択します。


dims

すると、すぐにiPad側にMacの画面が映りました。Sidecar機能自体は有線・無線を問わずに利用できるとのことだったので、両方で試してみましたがどちらも一瞬で接続完了に。

筆者は普段、既存の「Duet Display」アプリを用いてiPad Proを有線接続にてサブディスプレイ化しているのですが、それと比べるとまだベータ版なのにSidecarの安定性には大きな魅力を感じました。


dims (1)

ちなみに、Sidecarで表示できる画面は横向きのみでした。正式版でどうなるのかはわかりませんが、ブラウジングをする際に縦表示があると便利なので、そのうち対応して欲しいところ。

iPad側に拡張された画面を確認

iPad Pro側に表示されたmacOSの画面を確認してみると、MacBook Proに備わっている「Touch Bar」が下部に表示されているほか、左端にメニューが表示されているのがわかります。macOSの表記によると後者は「サイドバー」といい、キーボード操作を補助する役目があるようです。

dims (3)

サイドバーのアイコンについて確認しておきます。上部にある2つのアイコンは、Dock表示をMac側とiPad側のどちらに表示するのかを選べました。

中央部にある4つはキーボードのキーでお馴染み、上から[command] [option] [control] [shift]を意味します。

下部の3つは、UNDO操作、キーボード表示、接続解除を担います。


dims (2)

キーボードを表示させると、iPad側の画面にiOSでお馴染みのソフトウェアキーボードが表示されました。キーボード下部のバーをドラッグして、任意の位置に調整して使うことができます。

なお、Touch Barとサイドバーに関しては、macOS側の「システム環境設定」にある「Sidecar」の項目から表示・非表示、表示する位置をカスタマイズ可能。例えば、Touch Barを上部に表示し、サイドバーを右端に表示させると下記の画面のようになります。

dims (1)

なお、ディスプレイの配置(MacBook Proの右側にiPad Proの画面が連続するようにするなど)は、通常の外部ディスプレイを接続するのと同様に、macOS側の「システム環境設定」>「ディスプレイ」から調整できます。


dims (4)
▲macOS Catalinaの「システム環境設定」画面。下から二段目左にある「ディスプレイ」の横に「Sidecar」の項目があります

dims (5)

▲「システム環境設定」で「Sidecar」を選択した画面。サイドバーやTouch Barのカスタマイズが行えます。接続解除もここからできます

iPadとの接続解除をするには、上記のようにシステム環境設定から「接続解除」を選択すればOKです。ただし、実際にはメニューバーのAirPlayの項目から「接続解除」を選択する方が楽でしょう。また、先述のサイドバー・Touch Barのカスタマイズ操作についても同様です。


dims (6)

↑このページのトップヘ