タグ:iPhone

ただし強敵ファーウェイとの戦いが待っています



アップルにとって中国は世界で2番目に重要な市場であり、そこでの売上の動向は経営を大きく左右する指標ともなります。

そうした中国でのiPhone出荷台数が昨年12月に前年同期比で18.7%も増加しており、前月からも伸びが加速していると報じられています。Bloomberg報道によれば、この数字は中国政府のシンクタンクCAICT(中国情報通信研究院)が発表したAndroidデバイスを含むスマートフォン出荷データに基づくもの。今回の出荷増加は、9月に発売されたiPhone 11シリーズに支えられていると述べられています。

CAICT発表では、中国での12月のスマートフォン全体の出荷台数は3000万台未満であり、前年同期と比べて13.7%も減少したとのこと。競合他社の売上が落ち込んでいるなかで、アップルだけが抜きんでて好調だったことになります。

iPhone 11シリーズは前年モデルよりもバッテリー寿命やカメラ品質が大幅に改善した一方で、開始価格は50ドル下げられています。そうした企業努力が中国の消費者や批評家に好評を博していましたが、それが現実の売上に反映したかたちです。

2019年初めこそ中華圏で苦戦していたiPhoneですが、その後に中国で消費税が引き下げられたほか、アップルも独自に価格調整を行った結果、4月には現地での売上パフォーマンスがはるかによくなったとクックCEO自らが述べていました。そうした下地の上にiPhone 11シリーズの好評が重なり、今回の結果に繋がったと思われます。

出荷量の2ケタもの成長は、今年1月下旬の旧正月、すなわち中国の商戦期である「春節」休暇期間に向けて売上げ好調が予想される好材料といえます。ただし、海外では苦戦しているものの国内で圧倒的なシェアを獲得したファーウェイをはじめ地元メーカーの人気は根強く、なによりアップルは5G対応デバイスを欠いている弱みもあり、今後は伸び悩むのかもしれません。

6.1インチモデルが2つに?



新型の主力iPhone発売は、ここ数年は秋が恒例となっています。が、このリリース時期が2021年には年の前半と後半の2回に変更されるとの予測を、大手金融機関JPモルガンのアナリストが発表しました。

アップルは2011年のiPhone 4S以降、毎年9月頃にiPhoneの主力モデルを一度にリリースしています。が、JPモルガンのアナリストは2021年の前半(おそらく3月〜6月)と後半(9月の前後)に、それぞれ2モデルずつがリリースされるとの見通しを述べています。

アナリストによれば、こうした2段階のリリースサイクルにすることで、アップルはiPhoneに関する「季節性の円滑化」、すなわち季節による売上の変動を抑えられるとのことです。現在のiPhone出荷台数は1年を通じて大きな波がありますが、そのリリース時期を春と秋に分ければ、アップルの収益はより安定し、マクロ経済の変動の影響を受けにくくなるというわけです。

さらに新モデルを1年に2回投入することで、市場の反応に応じてより迅速に設計が変更できるようになり、「製品サイクルのミス」に晒されるのを抑えられると述べられています。不評なモデルで1年やりくりするのではなく、その評判を次期製品に反映して挽回しやすくなるということでしょう。

アップルは春に何度か新型iPhoneをリリースしていますが、フラッグシップモデルではありませんでした。たとえば2016年3月に発売されたiPhone SEは「iPhone 5sにiPhone 6sと同等の性能」を搭載したモデルであり、噂のiPhone SE2(仮)も「iPhone 8ボディに最新のA13チップやメモリ3GB」と予測されており、主力機ではないと見られています。また2018年4月発売のiPhone 8/8 Plus(RED)も既存モデルの色替えでした。

アナリストは、2020年のiPhone主力モデルが初の4機種になるとも予測しています。これまでも画面サイズが5.4インチ/6.1インチ/6.7インチの3つになると噂されていましたが、そのうち6.1インチが2種類になるとのこと。そして4モデル全てが5G対応になり、ハイエンドのProモデルは3Dセンサーを搭載してAR機能も強化されるとの期待を述べています。

米9to5Macは、もしも2021年以降のiPhoneが春と秋の2回リリースとなれば、サムスンと足並みをそろえることになると指摘しています。サムスンは春にGalaxy Sシリーズ、秋にGalaxy Noteシリーズと1年に2回ハイエンド機をリリースしていますが、アップルもスマートフォン業界で世界一のシェアを誇るライバルを倣うのかもしれません。




手によりフィットしそう。

最近のスマートフォンはちょっと大きいな…とお嘆きのあなたに、気になるニュース。来年投入される次期iPhone(iPhone 12)では5.4インチ/6.1インチ/6.7インチの有機ELディスプレイ搭載モデルが用意されるかもしれません。

韓国ニュースサイトのETNewsによると、次期iPhoneのうちのハイエンド仕様に相当するであろう5.4インチ/6.7インチモデルでは、Samsung(サムスン)のY-OCTA方式の有機ELディスプレイが搭載されます。これはタッチスクリーンを有機ELパネルに内蔵することで、より薄くさらに低コストな部品製造が可能になる、というもの。まだ詳細はわかりませんが、これが本体の薄型化に貢献してくれたら嬉しいですね。


そして6.1インチモデルでは、iPhone 11のような液晶ディスプレイではなく、SamsungとLGが供給する有機ELディスプレイが搭載されます。ただしこちらはY-OCTA方式のような先進的なものではなく、一般的な技術が利用されるそうです。

それにしても個人的に楽しみなのが、iPhone 11 Proの5.8インチから5.4インチへとディスプレイサイズが小さくなるかもしれない、ということ。これが本当なら、より手に収まりやすいiPhoneとなるでしょう。また、iPhone 11 Pro Maxの6.5インチから6.7インチへと画面サイズが大きくなるのも、大画面スマホファンにとっては嬉しいのではないでしょうか。

5G通信や背面3Dカメラ、デザイン変更、6GB RAMの搭載など、さまざまな変更が噂される次期iPhone。これはまさに、メジャーアップデートモデルとなりそうな予感です。



ちょっと待って、機能増えてますやん!

今日Apple(アップル)からiPhone 11シリーズに対応した新しいバッテリー内蔵の純正ケース「Smart Battery Case」が発表されました。そう、ただでさえ、バッテリー持ちが良くなって十分に1日持ってくれるiPhone 11シリーズで、さらにバッテリー駆動時間が50%伸ばせるのです。

「寒くなりましたが元気ですか? もし足りなくなると困るでしょう。バッテリー追加しておくので使ってください。」

といった親心のような愛を感じます。ありがてぇ…ありがてぇ…(個人的にはiPhone 11シリーズのバッテリーに関して、1ミリも不安・不満がないんですけどね)。


ロック中でもカメラを起動! カメラボタンが追加



でも、今回のSmart Battery Case、ただバッテリー容量が増えるだけじゃなかった。Qiでワイヤレス充電できる便利な機能はそのままに、新しく「カメラボタン」が追加されているのです。下の方にあるポチがたぶんそれ。

カメラボタンでは、iPhoneがロックされていても、瞬時にロック解除してカメラを起動することができます。長押しすれば動画も撮れるそうな。

しかしバッテリーが増えた話よりも、ハードウェア的な機能拡張が起こっている事実にビックリですよ。ただのバッテリーケースなだけなら、ふぅん…だったのに、こう追加機能出されると、どんな挙動? どのくらいのレスポンス? 気になっちゃうのが困りすぎる。

そんな僕らを嬉しく悩ませる、Smart Battery Caseの外装はシリコン。柔らかいマイクロファイバーの裏地がiPhoneを守ります。カラーはiPhone 11用がソフトホワイトとブラック。iPhone 11 Pro(Max)用では、さらにピンクサンドも選べます。

価格はそれぞれ1万4800円、Apple Storeや一部のキャリアで購入できます。

重ねて言いますが、僕のiPhone 11 Pro Maxはバッテリーの持ちに関しては、1ミリも不満はない。だけど、このボタンが試したい

20191017-iphone-se2-design-like-iphone-8-w1280

はてさて、どんなプロダクトになるのやら…

ここのところ噂の絶えない、「iPhone SE2(iPhone SE後継機)」。そんなiPhone SEの最新情報として、iPhone 8風のデザインになるとの情報が伝わっています。

実績あるアナリストことミンチー・クオ氏によると、iPhone SE2のデザインはiPhone 8と非常に似たものになります。一方で、プロセッサはA13でRAMは3GBと最新スペックに。また64GBと128GBのストレージオプションが用意され、本体色はシルバー/スペース・グレー/レッドの3色になるというのです。

一方、iPhone 8に搭載されていた感圧式ディスプレイこと「3D Touch」は搭載されず。最新のiPhone 11シリーズでも3D Touchは省略されていましたが、やはりOS機能の統一やコストなどの関係で、3D Touchは廃止される運命なのかもしれません。

個人的にはiPhone SEのような角張ったデザインが好きなのですが、もしディスプレイサイズも大きくなるのだとすれば、丸みを帯びたiPhone 8風デザインのほうが持ちやすいのかもしれません。お求めやすいiPhoneがとうとう復活するのか、来年のAppleの動きに注目したいですね。

↑このページのトップヘ